記事

野党5党党首会談 安保関連政府案の本会議採決「一致して退席する」確認

 民主・維新・共産・社民・生活の野党5党の党首が15日午後、国会内で会談し、衆院安保特別委員会での強行採決を受けて今後の国会対応について協議した。

 会談後に岡田克也代表は記者団に対し、「今回の強行採決は認められないということで一致した」と述べ、職権で開会が予定されている明日16日の衆院本会議への対応について協議した結果、政府案の採決については出席せず退席することを党首間で確認したことを明らかにした。「各党それぞれ事情があるので、政府案の採決以前の対応は若干ばらつきがあるが、政府案の採決については野党5党の席は空っぽになっているということだ」と語った。

 民主党としては、民主・維新両党共同提出の領域警備法案や維新の党提出の他の法案についても「審議不十分」だとして「法案採決になった瞬間、退席する」と表明。各党からは、共産・社民両党は民主党と3党で統一行動を取り、維新の党は維新の党単独提出法案の採決後に退席、生活の党は討論・採決ともに欠席する方針だとそれぞれ説明があった旨報告した。「国民になぜわれわれが反対しているかを伝える機会なので、これをしっかりと使った方がいいだろうというのがわが党の判断だ」と説明した。

 政府案の採決に野党5党が一致した行動を取ることになった意義を問われ、「はかってそうなったわけではないが非常に良かった。野党が足並みをそろえて『採決は認めない』『退席する』と一致して参院に送り出すのは、今後の議論を考えたうえでも非常に意義深いものがある」と述べた。

 衆院本会議での反対討論には岡田代表が自ら立つと説明した。

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。