記事

「無人タクシー」は実現するか - 茂木 健一郎

著者 茂木 健一郎

「シンギュラリティ」(技術的特異点)という言葉が、このところしばしば見かけられるようになった。

人工知能が人間の知性に追いつき、追い越す。そのような時代には、私たちにとって予想ができないような事態が起こる。

技術のイノベーションが、社会の中のさまざまな「特異点」へとつながっていく。近未来に向けて、私たちの想像力、適応力、そして何よりも「受け入れる力」が試されるのである。

米国では、タクシーの乗り合いサービスが増え、サンフランシスコなどでは乗車スポットの数も増えてきた。人間による運転から、自動運転へと移行すれば、そのようなビジネスはさらに普及する。

人工知能による車の自動運転の普及がもたらす変化は、まさに革命的である。タクシー配車サービスの先には、物流の革命があると言われている。自動運転車に加え、無人機(ドローン)などが活用されることで、人だけでなく、モノを移動させる手段が、高度で、知的で、便利なものになるのだ。

そのような変化の先に何があるか、現時点で完全に予想することは難しい。しかし、鍵となるのは「共有(シェア)」だろう。

シェアする経済が加速化する。移動や物流の手段を「所有」したり「専有」したりするのではなく、「共有」することで全体の効率を上げ、コストも下げることができるようになるのだ。

従来のホテルや旅館とは異なる形で、個人の住宅やアパートを宿泊場所に提供するサービスも出現している。自動運転車に相乗りし、移動先では個人の住宅の空き時間を利用して休憩し、宿泊する。そんなことも、人工知能によって可能になる。

このようなシェアする経済の制約要因になっているのは、「人間」である。シェアすることは、見方を変えれば「出会う」こと。出会いには、喜びの一方で、リスクが伴う。

乗り合う人は、信頼できるか? 宿泊する住宅やアパートの部屋はきれいか? そのような懸念を払拭するうえで、人工知能の役割は大きい。

すでに、相互評価や格付けなどのシステムは導入されているが、人工知能の本格的な導入、介入によって、「未知の人と直接出会うリスク」は回避される。人と人が出会う喜びから、リスクという「トゲ」を抜くことができるのだ。

考えてみれば、ネットワーク社会だと言われながら、私たちは、不特定多数の未知の人と出会い、シェアしたり協力したりするということを今まで十分にしてこなかった。

移動や宿泊手段のシェアは、ほんの入り口にすぎない。「学びたい人」と「教えたい人」を結んだり、「さびしい人」と「話したい人」をつなげたりといった、従来、不確実性やリスクが邪魔をして二の足を踏んでいた「シェアする経済」「出会う経済」が、人工知能による介入、フィルター、最適化を通して加速していくことだろう。

シェークスピアの戯曲『テンペスト』に、「すばらしい新世界」という台詞がある。舞台の進行上のある劇的な「出会い」の瞬間に、この言葉が放たれるのだ。

「特異点」の向こうは冷たい技術社会ではない。人工知能を通して、人が出会う。シェアする。そんな未来は、夢見るにふさわしい、まさに人間的なものではないだろうか。

あわせて読みたい

「人工知能」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  2. 2

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  3. 3

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

  4. 4

    小池都知事“一人暮らしは自宅を病床に”発言に「一人で死ねってこと?」と怒り爆発

    女性自身

    07月29日 11:27

  5. 5

    五輪報道に「手のひら返し」と批判も オリンピックに沸くテレビ・新聞の報道

    ABEMA TIMES

    07月29日 09:54

  6. 6

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  7. 7

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  8. 8

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  9. 9

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  10. 10

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。