記事

ホンダがナイジェリアで四輪生産を開始

ホンダは7月10日、アフリカ西部のナイジェリアで「アコード」の生産を開始しました。年間生産台数は1000台。そこには、「小さく生んで大きく育てる」というホンダのグローバル展開の法則が貫かれています。
リンク先を見る
ホンダにはもともと、「小さく生んで大きく育てる」というグローバル展開の法則があります。部品点数が少なく、工程も単純な二輪車の小規模生産からはじめて、部品調達や販売網などのノウハウの蓄積をしたあと、四輪車を手掛けるという法則です。

ナイジェリアでの二輪の歴史は、1979年にさかのぼります。年間生産台数は約2万台規模という、文字通りの「小さく生んで」でしたが、08年のリーマン・ショック後、市場が先進国から新興国に移ったのを機に、日本円で6万円から7万円の低価格帯の二輪車を投入し、ナイジェリアの二輪事業を拡大していました。

アフリカは、「最後の成長市場」といわれます。ホンダがアフリカの二輪市場に強い足場を築いたのは、のちの四輪市場の成功につなげるためと考えて間違いないでしょう。

四輪現地法人を設立し、タイから「シティ」を、米国から「シビック」「アコード」「CR‐V」を輸入し、販売を開始したのは、2013年9月のことです。そして、いよいよ、「小さく生んで大きく育てる」の法則通り、「アコード」のセミノックダウン生産を開始したわけです。

「製造現場には、二輪車で長年培ってきたノウハウが盛り込まれており、あらためてモノづくり現場の強さを再発見することができました」と、ホンダ取締役専務執行役員の山根庸史さんはコメントしています。

生産能力は現在、年間1000台とまだ少量生産ですが、四輪も「小さく生んで大きく育てる」というグローバル展開の法則に則って、拡大していくことでしょう。というのも、ナイジェリアの人口はアフリカ最大の1億7000万人で、購買力にも期待が持てるからです。

ナイジェリアでは、14年に日産が生産を始めたほか、独フォルクスワーゲンもこの7月、25年ぶりに生産を開始しました。また、中国メーカーも進出の勢いを強めています。「小さく生んで大きく育てる」を武器に、ホンダが強豪にどう対抗していくのか。期待したいところですね。

あわせて読みたい

「ホンダ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  4. 4

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  6. 6

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  8. 8

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  9. 9

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。