記事

トルコ首相がようやく連立協議を開始、最大野党党首と会談

[アンカラ 13日 ロイター] - トルコのダウトオール首相は13日、総選挙から1カ月余りを経てようやく連立政権樹立に向けた協議に乗り出し、最大野党・共和人民党(CHP)のクリチダルオール党首と会談した。

6月7日の総選挙で与党の公定発展党(AKP)は過半数の議席獲得に失敗したため、連立相手を引き入れて政権を立ち上げられなければ、再選挙が実施されることになる。

ダウトオール首相はクリチダルオール氏との会談について「真摯(しんし)」かつ「友好的」に行われたと説明し、両氏ともに強力な連立政権を早急に発足させる必要があると強調した。ただ、首相によると、この会談は正式な連立交渉にまで発展しなかったという。

野党側はこれまで、連立に参加する場合はエルドアン大統領を日常的な政策に関与させることを望まない姿勢を示している。

ダウトオール首相は会談に先立ち、大統領の積極的な役割を拒絶することは連立協議をつぶすものだと語り、大統領の閣議出席取りやめなどを望む野党をけん制した。

こうした中でエルドアン大統領は13日、各政党に対してあらためて早期の連立政権樹立を促した。さらに、地域が抱えるさまざまな脅威を踏まえると、政権発足をこれ以上先延ばしするのは許されず、政権を立ち上げられないなら総選挙が必要になると警告した。

大統領は演説で「政治家が問題を解決できない場合は、国民が解決の担い手になる」と指摘した。

政府内には、大統領とAKPにとっては連立協議が失敗して、再選挙に突入した方が有利だとの声もある。

日刊紙ヒュエリトは、ダウトオール首相が連立協議不調による再選挙で最も恩恵を受けるのはAKPだとの見方を示したと伝えた。

さらに政府寄りのイェニ・サファク紙によると、AKPが委託した世論調査では6月の選挙で野党を支持した有権者の5%が、再選挙なら野党に票を入れないだろうと回答し、再選挙でAKPが過半数を制する可能性が出てきている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  4. 4

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  5. 5

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  6. 6

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  7. 7

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  8. 8

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  9. 9

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

  10. 10

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。