記事

巡ってきた自治・独立のチャンス 国家なき悲劇の民族、クルド人 - Wedge編集部 

過激派組織「イスラム国」の台頭、シリアの内戦など紛争の続く中東で、国家なき民族、クルド人の存在があらためて焦点になってきた。混迷の先に、彼らが長年夢見てきた「クルド独立」のチャンスはあるのか。

フセイン政権下 
バクダットのキャバレーに多数いたクルド人女性

 イラクの首都、バグダッドの夜は暗い。サダム・フセイン政権時代、その暗闇の通りに「アンバサダー」というキャバレーがあった。そこの女たちはほとんどが離婚したクルド人だった。少数民族として弾圧されて続けたからだろうか、表情には一様に陰りがあった。彼女たちの1人がそっと漏らした一言が忘れられない。「自分たちの国がほしい」。

 クルド人の存在は日本人にもさほど知られているわけではないが、3000万という、国家なき民族としては世界最大の勢力だ。古代から現在のトルコ、イラク、シリア、イランの4カ国にまたがる山岳地帯を主に居住地としている。言語はペルシャ語に近いクルド語、ほとんどがイスラム教スンニ派だ。

 第1次世界大戦後、オスマントルコの分割を決めたセーブル条約でいったんはクルド人の独立国「クルディスタン」の樹立が決められたが、近代トルコの創設者であるケマル・アタチェルクが猛反発し、約束は反故にされ、その後今日まで、各国の弾圧を受けながら“2級市民”としての扱いを受けてきた。

 この中で最も自治が確立しているのはイラク北部のクルド人だ。2003年の米軍の侵攻後に「クルド自治政府」が発足し、ようやく自分たちの権利を行使できるようになった。このイラクのクルド人はフセイン政権時代には化学兵器で攻撃され多数が残虐に殺された。トルコでは長年、米国もテロ組織と指定する「クルド労働者党」(PKK)が反政府活動を続けてきた。 

 現在、最も脚光を浴びているのは、シリアのクルド人勢力である。6月以降、イスラム国が占領していたトルコ国境の要衝、テルアビヤドを制圧したのをはじめ、村落を次々にISから奪還した。この作戦には米軍が猛爆撃で支援、4日朝から5日朝までに26回の空爆を実施し、シリアでの1日当たりの空爆としては過去最大となった。

この勢力は、シリアのクルド人組織「民主連合党」(PYD)の軍事部門「人民防衛部隊」(YPG)だ。現在は、ISの首都ラッカの約50キロの地点まで迫り、巻き返しに出たIS戦闘員と激戦を展開中だ。YPGはこの1月、トルコ国境に近い「コバニの戦い」で、やはり米軍の空爆支援の下、ISを撃退した。IS側はこの戦いで2000人ともいわれる戦死者を出す大敗北を喫した。

 イラクのクルド自治政府の軍事組織「ペシュメルガ」も北部のIS戦闘員を撃退するなど力を発揮しているが、地上部隊の投入をしない米国にとっては今や、イラクとシリアのクルド人武装組織が最も信頼できる地上勢力だ。米国はシリアで、ISと戦わせるためシリア人による5000人規模の部隊を創設する計画だが、現在訓練を終えて配備を待っているのは90人にすぎない。
 

「独立国家は決して容認せず」 
警戒強めるトルコ

 しかし地域大国であるトルコのエルドアン政権はこうした隣国シリアのクルド人の台頭に強い懸念を示している。エルドアン大統領は先月末「どんな代償を払ってもシリアにクルド独立国家ができることは容認しない」と強硬姿勢を示した。イスタンブールの政府系紙が最近「シリアのクルドはISより危険」という大見出しを掲げたが、政権の考えを代弁したものだろう。

 大統領がこうも懸念するのは、クルド人の勢力拡大がトルコの安全保障上の脅威と考えているからにほかならない。政権は長年、PKKの武装闘争に悩まされてきたが、このPKKとシリアのPYDが連携していることから、シリアに独立国家ができれば、トルコ領の一部までそうした国家に組み込まれかねない、と危機感を抱いているのだ。

 トルコでは先月の議会選挙でクルド人の権利拡大を掲げる「国民民主主義党」が大躍進し、大統領の権限強化を狙うエルドアン大統領の野望を打ち砕いた。この選挙の敗北もクルド人に対する強硬姿勢に拍車を掛けている。一部では、トルコ軍をシリア領内に進撃させて、緩衝地帯を設置する構想も浮上している。

 クルド人はシリア内戦の終結で「新生シリア」が誕生する際、独立国家を樹立したいと思い描いている。そうなれば、イラクのクルド自治政府との連合なども視野に入ってくる。しかし、周辺各国はクルド独立に反対だ。米国もISとの戦いがなくなれば、クルドを見捨てるのではないか、という見方も強い。クルド独立の夢は、あくまでも夢に終わってしまうのかもしれない。

【関連記事】
警告されていた「ラマダン・テロ」問われる対IS戦略の欠如
エジプトでISの分派がテロ激化 ピラミッド観光、スエズ運河開発に打撃
米、特殊部隊による拉致、暗殺作戦を強化 直近の襲撃で情報の“宝庫”を入手
イスラム国とアサド政権が共同作戦 さらに深まるシリア内戦の複雑怪奇
北大生支援の元教授・中田考氏が語る「イスラム国」

あわせて読みたい

「中東情勢」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 百田氏の方が反日本人的

    橋下徹

  2. 2

    謝罪なく逃走の津田大介氏に呆れ

    やまもといちろう

  3. 3

    日本は韓国に知的な手助けをせよ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    天皇燃やした? 映像制作者を直撃

    篠田博之

  5. 5

    日韓は報復でなく大人の対応せよ

    小宮山洋子

  6. 6

    3位に日本 好みに影響を与えた国

    オルタナS編集部(若者の社会変革を応援)

  7. 7

    よしのり氏 北巡る米発言に怒り

    小林よしのり

  8. 8

    ヒグマ駆除に抗議する人の身勝手

    鈴木宗男

  9. 9

    田中角栄が頼った「最強ヤクザ」

    NEWSポストセブン

  10. 10

    他人を褒めなかった瀧本哲史さん

    宮崎タケシ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。