記事

日銀、15年度成長率を中国減速で下方修正へ 物価は据え置き

[東京 10日 ロイター] - 日銀は14─15日に開く金融政策決定会合で、4月に決めた展望リポートを中間評価するが、2015年度の実質成長率は2.0%から1%台後半に小幅下方修正する公算が大きい。中国を含めたアジア経済の減速などで、輸出・生産が下振れていることが影響している。

政策運営の目安とする消費者物価指数(除く生鮮、コアCPI)の15年度見通しは、前年比プラス0.8%を維持する。

成長率の動向を展望するうえで日銀が重視する鉱工業生産は、5月が前月比マイナス2.2%と落ち込んだ。5月の自動車輸出が前年比10%減と急減、軽自動車の増税による不振も続き、4─6月の実質成長率はプラス確保が微妙な情勢となっている。

加えて、日本の最大の輸出先である中国経済に不透明感が漂ってきたことが重しになりそうだ。日銀は7%前後の安定成長は実現するとみているが、中国の貿易統計のデータでは、輸入が急減しつつあり、日本の輸出には減少圧力として働くと予測している。

また、国際通貨基金(IMF)も9日、2015年の世界経済の成長率見通しを3.3%と4月予測から0.2ポイント下方修正しており、輸出全体の加速は望めない情勢だ。

現時点で日銀は7─9月以降に輸出・生産が回復し、堅調な内需とともに緩やかな成長が続くとみているが、世界経済の回復ペースの鈍化が今年度の成長率の抑制要因となりそうだ。

一方、物価の直近データは、5月コアCPIが同プラス0.1%、食料・エネルギーを除くコアコアCPIが同プラス0.4%だった。

日銀は、1)コアコアCPIが春から夏にかけて上昇、2)コアCPIはしばらくゼロ近傍で推移し、秋以降急上昇する──との見通しを変えておらず、今後も従来のシナリオに沿って推移するとみている。

(竹本能文、伊藤純夫 編集:田巻一彦)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  5. 5

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  6. 6

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  9. 9

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

  10. 10

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。