記事

「誰もが音楽好き」という時代の終わり。

7/3の日経電子版で音楽の定額配信サービス関連の記事で、ソニーミュージックエンタテインメントの元社長丸山茂雄氏のインタビューがあった。

印象的なのは、あっさりと「音楽の時代は終わっている」と言っていたことだ。

「もう明白で、みんながそろそろ気づいていいと思っているわけ。かつて音楽っていうのは、LPとかCDとかに入っていた。そこから聴こえる音だけで満足で きるっていう世代は、たぶん70代から40代、ぎりぎり30代まで。それより若い人は音で楽しむという習慣がない。映像が主で、音楽が従という新しい類い のソフトコンテンツにメーンが移っている。」

何でも「~離れ」というのもあまり賢そうな議論には見えないけれど、この現象は自分のような世代にとっては直感的にわかる。それは「コンテンツの私有」という概念で説明できるように思っている。

物心がつくと「自分のもの」が欲しくなる。子どもの頃は玩具や自転車などで、段々と「コンテンツ」を私有したくなる。本というのもコンテンツだが、教科書を含めて「上から与えられるもの」だ。やがて中学生になった頃から「自分だけのコンテンツ」を求めるようになる。そのコンテンツ再生のマシンとともに。

かつては、それが音楽だった。まだレコードの時代で、その再生装置は「家の備品」であることも多い。自分だけのモノにするには、カセットに録音してラジカセで聞く。ラジカセを欲しかったのは、「コンテンツを私有したい」という欲求があったからだった。そして、そのコンテンツは「音楽」しかない。

だから、皆が音楽好きだったというより「好きなミュージシャン」を言えることが「たしなみ」だったのだと思う。それは「好きな異性」がいるはずだ、というのと同じようなものだった。

考えてみれば音楽を私有できない時代は「好きな作家」を言えることが、また当たり前の嗜みだった。僕らの世代も「本を読まない」と言われたものだが、その上の世代は本くらいしか私有できるコンテンツがない。旧制高校の卒業生は、そりゃ教養があるわけだ。

自分は今でも音楽が好きで、先日も自宅のコンセント交換したりしてるけれど、世の中では少数派なんだとつくづく思う。そもそも「音楽が苦手」な人もいるだろうし、「音楽が嫌い」という人もいるだろう。

だから「誰だって音楽が好き」というのは、再生装置が個人化したこの40年くらいの幻想だったのではないか。ラジカセからipadまでが一つの時代で、スマートフォンの普及とクラウド化で、映像の私有化が一気に進んだ。

丸山氏が言う「映像が主で音が従」というのは、「私有できるコンテンツの拡大」が理由だと思う。そして、ダンスの必修化もそれを加速するかもしれない。インタビューでEXILEについて「曲がどのくらいいいか誰もそれほど気にしてないよね。」は身も蓋もないが、まあそうだよな、と。

音楽を生業としている人にとっては厳しい時代だけど、市場の間口よりも、個々人の「奥行」に注目すれば可能性はあると思っている。「誰もが」という幻想の後にこそ、本当にいい音楽が生まれてくるんじゃないかな。

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  3. 3

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  6. 6

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  7. 7

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  10. 10

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。