記事

【ムネオ日記】2010年7月7日(水)

1/2
NHKが大相撲名古屋場所の生中継を行わないと、福地会長が昨日記者会見している。
NHK広報局によると、5日正午までに視聴者からNHKに電話やメールで寄せられた意見は約1万2600件で、うち中継反対は約8600件、賛成は約1600件だった。

(7月7日産経新聞1面)

 この数字を元に、中継中止を一つの判断材料にしているのなら、少し驚きだ。この数字の何倍もの人が、当然相撲中継を期待し、待っているのだ。

 中止理由について福地会長は「日本相撲協会の改革の方向性について道筋が立っていない。反社会的勢力である暴力団の関与も指摘され、極めて重大で遺憾」とも言っているが、「改革の方向性」とは何を指しているのか。また、反社会的勢力との関与についても、現段階でどこまで関係していたのか、事実関係は明らかになっていない。

 こうした状況で名古屋場所の中継を中止するなら、当然秋場所も中継しないことである。

 「これから警察が捜査をし、より具体的になってくるであろう。それが明らかになってから、中継すべきか中止すべきかを判断するのが本来の筋ではないか」といった声が、多数私のところに寄せられる。

 今回の野球賭博問題は、警察のリークで進んだと言われている。このことについては、7月7日付北海道新聞夕刊に掲載されている月刊『創』編集長・篠田博之氏のコラムが興味深い。一部を引用したい。
● 週刊誌を読む 大相撲の野球賭博騒動 発端は警察筋リークか

 野球賭博をめぐる大嶽親方(元関脇貴闘力)のインタビューを「週刊文春」7月8日号が「独占激白」と銘打って載せている。あれだけテレビのインタビューに出まくっているのに、何が独占なの?と思ってしまうが、6ページに及ぶ詳しい記事を読むといろいろなことがわかる。

 保身のためにウソ

 興味深いのは、今回の騒動に火をつけた「週刊新潮」の報道が誰のリークだったかに言及している点だ。琴光喜が野球賭博で元暴力団に恐喝されたというこの事件は、実は琴光喜でなく自分の事件なのだ、というのが大嶽親方の告白だ。

 それがどうして琴光喜の事件になってしまったかというと、恐喝を受けて進退窮まった時に、警視庁の警察官に相談した。その時に保身のために「自分でなく琴光喜の件で」とウソをついたというのだ。大嶽親方はこう言っている。

 「私が相談した方とは別の警察側の誰かが、『琴光喜が賭博で脅されている』と『週刊新潮』にリークしたのでしょう。記事には琴光喜の名前が大きく出ています。これはまずい―そう思いました」

 私も本欄に書いたように、事件の捜査が進むにつれて出てくる情報が、最初の「週刊新潮」の描いた構図とぴたりと合っていたため、同誌の取材力はたいしたものだと思っていたのだが、何のことはない。そもそもリークしたのが警察筋だったというわけだ。

(7月7日付北海道新聞夕刊5面)

 大相撲を楽しみにしている純粋な国民の思いを欺(あざむ)くようなやり方は、今後の事件の真相解明の進展具合により、新たな問題提起に繋がっていくだろう。

 警察もリーク、検察もリークして、世論操作・誘導するやり方は、公正、公平ではない。「国会が開かれたら鈴木さん、しっかり警察を質して行きましょう」と数人の国会議員の仲間が言ってくる。私もそのつもりである。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    張本勲氏のサンデーモーニング卒業「喝!」を入れ続けたハリーにあっぱれ!

    中川 淳一郎

    12月06日 10:40

  2. 2

    「もうやめました」パチンコ店に突撃した自粛警察が語る現在の心境

    石戸 諭

    12月06日 12:15

  3. 3

    「コールでも回し飲みでもない」保健所が見落としていた歌舞伎町の"本当の感染経路"

    PRESIDENT Online

    12月06日 15:53

  4. 4

    今年の目玉はマツケンサンバ!? NHK紅白歌合戦に漂う「終焉」の空気

    渡邉裕二

    12月07日 09:02

  5. 5

    ふるさと納税を毎年続けるのは「罪深い」行為?

    内藤忍

    12月06日 13:01

  6. 6

    新型コロナ下の報道と衆議院選の結果から見えた日本のマスコミの限界 - 佐藤敏信

    先見創意の会

    12月07日 09:23

  7. 7

    「オミクロン株」を語るのは時期尚早 医者の矛盾した発言に違和感

    自由人

    12月06日 09:32

  8. 8

    『テレビ千鳥』料理企画に仕掛けた“美味しさで包んだ悪意”

    いいんちょ

    12月06日 10:02

  9. 9

    「街の書店が消えてゆく」…書店をめぐる状況は今、とても深刻だ

    篠田博之

    12月06日 09:54

  10. 10

    久しぶりに『週刊さんまとマツコ』をみて驚いたワケ。

    メディアゴン

    12月07日 11:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。