記事

午前の日経平均は全面安、下げ幅一時620円超

[東京 9日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比135円43銭安の1万9602円21銭となり、続落した。下落が続く中国株への警戒感から前日の米国株は大幅安。不透明な外部環境を嫌気し、日経平均の下げ幅は一時620円を超えた。また東証1部の90%の銘柄が下落する全面安の展開となった。

下落スタートとなった上海株が一時プラスに転じたことや、ドル高/円安の進行も支えとなり、買い戻しの動きも見られた。「先物市場では海外短期筋とみられるロング構築の動きも見られる。朝方を除き全体的にパニック的な印象はなく、適度に制御されている感じがある」(国内証券トレーダー)という。

朝方の下落は個人投資家の投げ売りが主体との指摘も出ている。東証マザーズ指数は前日比で一時9%超の下げとなったが、前引け時点では3.08%安まで下げ渋った。

指数寄与度の大きいファーストリテイリング<9983.T>が1.94%高となったこともあり、下落率は日経平均が0.69%となったのに対し、TOPIXは1.2%となっている。

中国の実体経済への懸念も広がっている。「日本株の割安感が高まっているが、2万円を割れてたとしても中国経済の先行きは不透明。国内の機関投資家、公的年金の買いも入りにくい」(ちばぎん証券顧問の安藤富士男氏)との見方もあり、日本株は安値圏での推移となった。

東証1部の騰落数は、値上がり141銘柄に対し、値下がりが1716銘柄、変わらずが31銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  5. 5

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  6. 6

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  7. 7

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  8. 8

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  9. 9

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  10. 10

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。