記事

維新との領域警備法案共同提出で協議決裂「与党に手貸す協力はできない」枝野幹事長

画像を見る

 民主・維新両党の幹事長・国会対策委員長は7日夕、国会内で会談した。民主党からは枝野幸男幹事長、髙木義明国対委員長が臨んだが、両党の政策担当者間で合意していた領域警備法案を共同提出する方針をめぐって協議は決裂した。

 会談後に枝野幹事長は、「われわれとしては領域警備法案は一緒に作ってきた中身で内容的にも同意できるものなので、一緒に提出するという政策調査会間の合意を踏まえて進めようと話した。しかし、今後の国会運営についていろいろ協議したが、それについて意見が一致できず、考え方が違う中では共同提案はできないという話が先方からあり共同提案しないことになった」と語った。

 国会運営に関する提案は何だったのかとの問いに枝野幹事長は、維新の党から「報道陣に言わないでほしい」旨の求めがあったことを踏まえて具体的には明らかにしなかったが、「到底理解できない提起があったので、われわれとしても、国民世論的にもとても受け入れられるものではないということでお断りした」と述べた。そのうえで領域警備法案については「(維新の党も)単独で出すと思う。私どもも単独で出す準備にかかる」と述べ、8日にも提出する考えを示した。

 野党共闘が進んでいるかのような印象を受けていたが今回の結果をどう見るかとの記者の問いには「維新の党から非常識な提案があったのでやむを得ない」「われわれとしては与党に手を貸すようなことには協力できないということだ」と強調。決裂した理由に関する重ねての問いには「政府与党に協力するようなことになるような話を共通認識にしたいという話だったので、そんなことはできないということだ」「到底野党とは思えない提案で、それはわれわれとしては一致できないと申し上げた」と説明した。

 今国会で今後維新の党との連携の可能性は残っているかとの問いには「われわれは一致できることについてはどの野党とも最大限協力していく。一致できずに、与党に塩を送るような話は、どの党との関係でもその部分はしないということだ」と語った。



民主党広報委員会

あわせて読みたい

「民主党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  6. 6

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  7. 7

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  8. 8

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  9. 9

    東京都の感染者数が3177人に いよいよ菅政権と小池都政の人災であることは明白

    井上哲士

    07月28日 18:48

  10. 10

    首都圏3県の緊急事態宣言、要請あれば緊張感持って連携=官房長官

    ロイター

    07月28日 20:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。