記事

ドル122円半ば、ギリシャ・中国株不安で動きづらい

[東京 7日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べわずかにドル高/円安の122円半ばだった。ギリシャ問題や中国の株安不安が上値を追いづらくする一方、下値も押し目買いがサポート要因として意識されている。

新規材料が出てこなかったため、朝方から122円台で小動きが続いた。

朝方122円半ばで推移していたドル/円は、仲値にかけて強含み122.81円まで上昇したものの、ユーロ/円の下落に押されて上値が重くなった。午後には、オーストラリア準備銀行(RBA)が政策金利の据え置きを発表し豪ドルに買い戻しが入ったが、ドル/円への影響は限定的だった。

市場では、ギリシャ問題や中国株不安でポジションを取りづらいとの声が多い。一部の海外ファンドは6月末の新成長戦略に期待していたとみられているが「特に目新しいものもなく、(市場は)ドル/円に対する興味を完全に失っている」(外銀)との声が出ていた。

今晩はギリシャ関連でユーロ圏緊急首脳会議が開かれる予定だが、市場ではそれほど期待は高まっていないという。「ヘッドラインが出れば反応するかもしれないが、ドルは下がったところでは押し目買いに跳ね返される。多少のニュースでは122円前半でサポートされそうだ」(大手邦銀)という。

目下、東京市場の関心は中国の株価動向に集まっている。中国株の下落を受け、リスク回避のドル買い、円買いが進みやすい。ドル/円では力が拮抗しているが、ユーロ/円は下げ幅を拡大し、ドル/円の上値を重くしやすい。

「ギリシャのような小さな経済でも、問題が起これば金融市場は右往左往させられている。中国のような巨大な経済で問題が起きれば、どれほどのインパクトを市場に与えるのか、想像するのも恐ろしい」(運用機関)との声も聞かれる。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 122.62/64 1.1039/43 135.37/41

午前9時現在 122.66/68 1.1045/49 135.49/53

NY午後5時 122.55/57 1.1056/61 135.49/53

(為替マーケットチーム)

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  8. 8

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。