記事

ギリシャそしてユーロの今後のリスクと可能性

 サッカー女子日本代表のワールドカップ決勝戦は非常に残念な結果となりました。しかし全力を尽くしての結果、素晴らしい健闘に敬意を表したいと思います。

 その一方で、日付けという意味では同じ日に行われたギリシアの国民投票の結果、極めて深刻な今後への影響が懸念されます。たしかにギリシャだけで考えれば、国の経済規模も財政規模も非常に大きいわけではなく、域外国への影響も従来から懸念されていた危機ですので、直接的な影響は限定的とも考えられます。しかし、今回の問題はもっと大きな構造的問題に影響しかねないことを考えれば、我々はあまり楽観的になるわけにも行きません。

 この根本の問題とは、ご承知のとおりユーロに関する問題です。

 ユーロ圏の問題は、一言で言えば、財政政策・税制を決め国債の発行を行う主体が今でも各国政府であるにもかかわらず、通貨・金融政策はECB、ユーロ圏全体で決められているという「ねじれ」であり、これが全ての矛盾の根源と言っても過言ではありません。これは、イギリスなどユーロに加入していない一部の国を除き、欧州諸国全体にとって極めて深刻な問題です。

 話をあえて極めて単純化すれば、この仕組みが上手く回っている限りにおいては、ドイツのような経済的強国は実態よりも弱い通貨を持ち、域内の他国の低賃金の労働力も確保することが出来るため、経済的に日本やアメリカ、イギリスなどと比較して優位に立つことが出来ます。そして経済的に弱いギリシアのような国は、通貨が実態よりも強いことでマイナスの影響を受けるかわりに、国債の発行についてはユーロを守るという前提に立てば、事実上ユーロ圏全体で加盟国各国の債券は保証されると考えられていたために、相対的に高い利回りによる投資の呼び込みと相まって恩恵を被っていた。またそのために国民負担を先送りし続けることが出来て来たわけです。

 言ってみれば、根本に矛盾をはらみつつも、上手く回っているうちは誰もがその根っこの問題に目をつぶって、気がつかないふりをしていたわけです。実はこの状況は数年前の欧州危機から全く変わっていないのがその実態です。

 そして、やって来たのが今回の危機です。一体今後どのようになるのか。

 短期的にはいろいろな対応策が欧州とギリシャの間で検討され、マーケットが一喜一憂するという状況が続くと思われます。場合によってはギリシャのユーロ離脱ということもあり得ると言わざるを得ません。しかし、ひとたびユーロの離脱が今回のような形で起こってしまえば、ギリシャの次は●●、というように金融環境が不安定になるたびにユーロの弱い環、脆弱な国に関しての資本流出のリスクは確実に高まります。リスクと利回りのねじれ、ゆがみが顕在化しやすいのはそうした脆弱国だからです。

 こうした問題を根本的に解決するためには、実はとりうる選択は限られています。そして現状維持という選択が無いのもまた明らかです。具体的には、ユーロ圏として、(1)ユーロ圏の各国が財政や税制の機能を事実上統合し将来の政治統合に向けて進む、(2)ユーロという共通の通貨を無くし、金融・通貨政策を各国が担えるようにする、のどちらかを選択せねばなりません。場合によっては、独仏ベネルクスの5カ国からなるコアグループと、それ以外の国からなる第2グループと、ギリシャのような脆弱生の高い第3グループというようにユーロ圏を分割することもあり得るかもしれません。

 いずれにしても、日米をはじめとする域外国はユーロ問題の影響が最小に抑えられるようしっかりと連携せねばなりません。短期的には中国におけるバブル崩壊とも一部で言われる株価の下落も起こっているタイミングですから、市場全体のリスク・オフの流れを上手くマネージしながら過度な信用収縮を招かないような危機管理的な対応が必要ですし、中期的には、イギリスにおけるEUに関する国民投票をにらみ、EU・ユーロが国家との関係をどう整理していくのかという点も極めて重要なポイントです。

 日本としても様々な場合に備えておくと同時に、国際金融の秩序維持のために必要な手を打つことも場合によっては必要との危機感を持っておかねばなりません。

あわせて読みたい

「ギリシャ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工めぐる韓国高裁のこじつけ

    緒方 林太郎

  2. 2

    総理がメディアに指示? 質疑話題

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    なぜ高学歴なのに低収入になるか

    内藤忍

  4. 4

    桜を見る会 予算の内訳説明せよ

    大串博志

  5. 5

    民主政権の桜を見る会 今と違い

    井戸まさえ

  6. 6

    病気だけはネットで検索するな

    幻冬舎plus

  7. 7

    評判の結合映画 おっぱいに注目

    松田健次

  8. 8

    山本一郎氏がKAZMAX氏にエール

    やまもといちろう

  9. 9

    韓国の基金案で徴用工解決は困難

    緒方 林太郎

  10. 10

    31歳東大准教授が日本の若手叱咤

    Thoughts and Notes from NC

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。