記事

「戦後レジーム」は完成する

どうせ7月中旬に強行採決で安保法制の話は終わりだ。

その結果、安倍政権の支持率も大して落ちないだろう。

北朝鮮や、特に中国の脅威を強調すれば、国民は
震え上がって米国に頼る。

戦後70年で、そういう奴隷の精神を持つ国民と化して
しまったのだから仕方がない。

いや、ルソーの言う「国民」の定義にすら日本人は
当てはまらない。

単なる奴隷の群れだ。

その奴隷の精神を育てているのが、自民党や
自称保守の従米ポチ軍団である。

議論中の安保法制が通っても、すぐに戦争が
始まるわけでは当然ない。

アメリカに主権があるのだから、日本が戦争に
加担するか否かも、アメリカが決める。

いずれベトナム戦争、アフガン戦争、イラク戦争の
例に倣って、日本はアメリカの侵略戦争を支持し、
今度は兵站を担うようになる。

それはまだ先のことだ。

だが、それより先に心配なことは、自衛隊と米軍との
一体化だ。

これはもう後戻りがきかないほど進んでしまうかもしれない。

つまり日本は外交主権を取り戻すことが出来なくなる
かもしれない。

「戦後レジーム」の完成である。

そしてアメリカは中国とは絶対、戦争をしない。

だから尖閣諸島の日本の「領有権」をアメリカは
絶対に認めない。

あくまでも中立の立場を保っている。

上手いこと操られているのだが、日本の従米保守派は
全然わかっていない。

奴らも奴隷だからどうしようもない。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  2. 2

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  3. 3

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  4. 4

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  5. 5

    ジョンソン英首相の心に響く手紙

    青山まさゆき

  6. 6

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  7. 7

    英首相の容態安定 肺炎診断なし

    ロイター

  8. 8

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  9. 9

    医療崩壊防ぐには軽症者解放せよ

    小林よしのり

  10. 10

    「戦後最大の危機」安倍首相会見

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。