記事

アバター出席でMBA取得、一部トップ校が導入

経営幹部を育成する米ビジネススクールのトップ校の一部がバーチャルリアリティ(仮想現実=VR)技術を取り入れている。

 遠隔地にも学生がいるビジネススクールはユーザーの分身である「アバター」を利用する技術を使い、従来のオンラインフォーラムを超える没入型の学習環境を提供しようとしている。カリフォルニア州にあるスタンフォード大学のビジネススクールは5月から、同校のキャンパスに似せたバーチャル空間の教室に学生のアバターが出席するオンライン受講プログラムを開始した。アバターは好みに合わせたカスタマイズが可能だ。マサチューセッツ工科大学(MIT)のスローン・マネジメント・スクールも同じような技術を利用して幹部育成プログラムを実施している。

 このバーチャル世界はビデオゲームではない。パワーポイントを使ったプレゼンテーションや突発的な討論セッションがあるほか、新たなテクニカルスキルやバーチャル世界での社会的道徳も必要だ。

 スタンフォード大ビジネススクールで副学長を務めるデーブ・ウエインステイン氏は、新しい方法やテクノロジーを最初に実験するのはたいていビジネススクールだと指摘する。経営幹部育成コースは通常、全日制の学科に比べて短期間であり、受講人数も少ないからだ。

 米ソフトウエア会社アバヤによると、一握りの教育機関や法人が同社のVR技術「アバヤライブ・エンゲージ」を導入している。

 ただ、ウエインステイン氏によると、VR技術を利用した教育プログラムの提供には多くの人手が必要で、規模の見積もりも難しいため、流れに乗ろうとする意欲とそれだけのリソースを持っている学校は多くない。同氏は「この(技術に)人が殺到するとは思わない」と話す。

 とはいえ、世界中に散らばる学生や教授向けに、あたかもキャンパスで学んでいるような体験の再現が可能であることは、すでにVR技術を導入している教育機関なら分かっている。

 MITスローン校がこの技術の先駆者となったのは、必要に駆られてのことだ。同校の教職員は2011年頃にアバヤライブ・エンゲージを取り入れたが、これが本格的な教室デビューを果たしたのは12年10月に発生したハリケーン「サンディ」の最中だった。ハリケーンは米北東部に大きな被害をもたらし、多くの学生がキャンパスのあるマサチューセッツ州ケンブリッジにたどり着くことができなかった。

 スローン校で教育プログラムの責任者を務めるピーター・ハースト氏は「以前なら間違いなく休講だった」とし、教職員は「この技術を試す絶好の機会」だと考えたと話す。

 スローン校の教職員はアバヤのスタッフと協力し、実際の教室に設置したカメラとバーチャルな教室空間を連結させた。学生はメニューのオプション機能を使って自分のアバターの髪の色や洋服などをカスタマイズした。

 コースに在籍していた120人の学生の約半数が「アバターの姿で教室に現れた」とハースト氏は振り返る。

 この試みは成功し、スローン校の複数のコースにも導入されたとハースト氏は話す。その中にはビッグデータやゼネラルマネジメントに関するコースも含まれる。そしてスタンフォード大ビジネススクールの教職員の目にとまったというわけだ。

 アバヤライブ・エンゲージでは、アバターがジェスチャーしたり、ジャンプしたり、走ったりするため、集団プロジェクトや人脈作りに重要な相互の関わり合いが容易にできる。これはオンライン学習では体験できないものだ。

 ただ、バーチャルであれ何であれ、対面での交流に代わるものはないと学生も教職員も口をそろえる。

 スタンフォード大ビジネススクールのアバター1期生たちはクラスメートと実際に会いたいと考えており、コースが終了する3月頃にクラス会を計画するかもしれないという。その中の一人で教育テクノロジー関連の事業を起業したカナダ・トロントのホスニ・ザオウアリ氏は、どれだけ技術が進歩しても「握手にはかなわないだろう」と話した。

By LINDSAY GELLMAN

【関連記事】

あわせて読みたい

「大学教育」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  5. 5

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  6. 6

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  7. 7

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  8. 8

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

  9. 9

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

  10. 10

    「もし今日が人生最後の日だとしたら」落合陽一が悩むときに使う最強の思考法

    PRESIDENT Online

    08月03日 11:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。