記事

アングル:中国政府がデベロッパー支援策、住宅在庫自ら買い入れ

[北京 6日 ロイター] - 中国政府は不動産市況の悪化で苦境に瀕したデベロッパーを救うため、自ら住宅物件を安く買い取って公営住宅に転換する試みに乗り出している。

中国国家統計局によると、5月末時点で売れ残り住宅物件の総床面積は657平方キロメートルと、少なくとも2年間で最大に達し、シンガポール一国にほぼ相当する規模となった。

新たな政策は少なくとも6つの省で試みられており、だれもが恩恵に預かっている見える。低所得の家計は補助付き住宅の供給が増えて助かり、政府は貧困軽減対策を強化することが可能で、デベロッパーは過剰在庫を処分できる。最も重要なのは、不動産市場が回復すれば減速する中国経済全体の追い風となることだ。

もっとも注意すべき点もある。公共部門の債務はさらに膨らむ上、次の住宅バブルを防ぐ効果はほとんどない。政府は通常、10─52%のディスカウントを付けて物件を買っている。

それでもこうした政策の魅力は大きいため、不動産市場が最も悲惨な状態にある地方の政府の中には、大量の住宅購入という実験に踏み切るところもある。

<ゴーストタウン>

居住者のいないビルや住宅が立ち並び、「ゴーストタウン」として悪名高い内モンゴル州自治区オルドス市では、東勝地区の当局が4月と5月に住宅購入に踏み切った。

オンラインの文書によると、当局は競売を通じて5月に3660戸を1平方メートル当たり2766元から3612元(446─582ドル)で購入した。

東勝地区住宅当局の高官は「住宅供給の状況を見守っていく。ニーズがあれば、再び購入する」と述べた。

オルドス市からのコメントは得られていない。

CITICセキュリティーズのチーフエコノミスト、Zhu Jianfang氏は「在庫がより迅速に処分できれば、デベロッパーの資金調達ストレスも緩和されるだろう」と述べた。

<在庫過剰>

もっともアナリストは、劇的な回復は期待できないと釘をさす。

デベロッパーは必要に迫られない限り、内モンゴル州の例のように52%も値引きして政府に物件を売り、利益率を落とすことはしたくない。

最近政府に住宅を売却したデベロッパーの幹部は「市場に十分な購買力があれば、われわれは市場で売るだろう。しかし市場の購買力が弱り過ぎてしまった。私の感じでは、大半の住宅在庫は消化されていない」と述べた。

(Koh Gui Qing記者)

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  7. 7

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  10. 10

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。