記事

今こそ、景気対策を再優先に!

こんばんは。岡本三成です。

現在国会では、安全保障が大きな議論となっていますが、私は今こそ、経済とりわけ景気対策のテコ入れが最重要だと考えています。特に、家庭単位のお財布(世帯所得)の中身を豊かにする政策が大切です。

政府は6月30日、経済財政運営の基本指針(骨太方針)を決定しました。ここには、公明党内での議論を踏まえて、経済再生を一層加速するための様々な施策が盛り込まれました。その議論の中で私は、「手段と目的を間違えてはいけない。経済再生は手段で、所得増加が目的だ。とりわけ、世帯所得の増加を政治の目標とすべきだ。」と強く主張しました。その結果、骨太方針の冒頭に「実質総雇用者所得が上昇することが重要」と挿入する事ができました!

ここで、会社員の太郎さんと、パートの花子さんご夫婦のケースを例に考えてみましょう。太郎さんの年収は400万円。花子さんがパートを始めて100万円得ると、世帯所得は、400万円(太郎さんのみ)から500万円(ご夫婦)に増えます。しかし、これを一人あたりの平均所得で見ると、400万円から250万円(500万円÷2)に低下します。では、このご家庭の生活は、楽になるのか。それとも苦しくなるのか。答えは明確、楽になるのです。だから、所得は世帯で考える事が重要なのです。

かつて池田内閣の「所得倍増計画」は、とても分かりやすく、国民に夢を与えました。その結果、目標以上の結果をもたらし、生活は豊かになりました。そこで私は、これから10年後の2025年までに、各家庭の所得を30%アップさせることを政府目標として掲げてはどうか、と訴えています。これが実現すると、現在の所得水準から計算して、一世帯の平均所得は700万円となり、過去最高金額となります。

この世帯所得の目標実現のために、全ての経済政策はその手段として位置づけるべきです。「来年は、今年よりも賃金が増える。だから、安心して生活できる。」という真っ当な世の中にしていきたい。

「経済」という言葉は、中国の古典の「経世済民」が起源と言われています。「世を治め、民を救う。」という高い志が、根底になければなりません。私は政治の本質は、国民を幸せにするという一点にあると確信しています。国民が夢を持ち、イキイキと生活できる「経世済民」の政治に、これからも全力で取り組んでまいります!

公明党衆議院議員 岡本三成

あわせて読みたい

「景気対策」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  4. 4

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  5. 5

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  6. 6

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  7. 7

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  8. 8

    第4波から何も学ばなかった政府 リーダーは意思とメッセージを明確にせよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月31日 08:55

  9. 9

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  10. 10

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。