記事
  • Arisan
  • 2015年07月04日 00:00

基地とわれわれ

以下は、沖縄の岡本恵徳が書いた「「やさしい沖縄人」ということ」という文章の一節で、『「沖縄」に生きる思想』という著書に収められている。

初出の日付は、いわゆる日本への「復帰」(施政権返還)がなされた1972年5月である。

「本土」の人間である僕は、この岡本の文章を「沖縄の人がこう言っている」というような感じで、ここに引用することには、たいへん抵抗がある。岡本がこの文章を書いてから40年以上がたったいま、沖縄の基地が減少するどころか、その「過酷」が増大する一方であるという現実を考えれば、なおさらだ(そのことは、ここでの岡本の言葉に対する重大な裏切りと言われても仕方がないだろう)。

それでも、あえて紹介しようと思ったのは、ここに示された、「みずからの担っている過酷な状況を拒否するとともに」「みずからの担っていると同様の過酷を担わされることに反対する」という思想を持つべきなのは、「本土」のわれわれの側なのだということを確認したいからである。それが出来ていたら、いまの沖縄の「過酷」な現状はなかったはずではないか。

沖縄に学び、そういう思想を自分のものにするという姿勢に基づくのでなければ、「地上のどの場所にも基地は要らない」にせよ、「本土への基地引き取り」にせよ、たんに形だけの運動に終わるというばかりでなく、意図したものとはまったく異なる結果を生じさせてしまうことにもなるだろう。

(前略)沖縄が、沖縄の担わされている状況を峻拒することは、同時に、沖縄以外の誰もがそういう犠牲(もしその言葉が言えるとすれば)を担うことを沖縄は許さないのだとする意志の表明であるのだから、その意味では、本質的なところでの「やさしさ」を生きていることになるといえなくもない。

 かつて「本土の沖縄化に反対する」という革新政党のスローガンに対して、中野重治がひとつの異議を呈出したことがあった。中野氏のこの発言は、そのスローガンの中に潜んでいる、沖縄を差別し沖縄と同じような状況に陥るのは御免だとする本土側のエゴイズムを鋭くえぐりだしたもので、中野氏らしい倫理観と潔癖さにあふれた美しい文章であった。

 この文章に接したとき、直ちにその旨の紹介を新聞のコラムで行なったが、この中野氏の発言は中野氏の言葉として美しいが、それは沖縄に生きているぼくたちに当てはまるものではないとして、紹介以上のことを付け加えることをしなかった。そして、ぼくの予想していたように、沖縄の人々がその中野氏の発言に同調しなかったことを、ぼくなりに沖縄の人間の本質的な「やさしさ」のよき現われであるかも知れぬと考えたことがある。

(中略)

 さきに中野氏の発言として美しいと述べたが、それは本土に生きる知識人の言葉として美しいのであり、沖縄に住むぼくたちにとっては、それとは逆に「本土の沖縄化に反対」することこそ、正しいのである。

 本土に住む人間が「本土の沖縄化に反対」するとき、無意識のうちに露呈されるエゴイズムをみることができるとするならば、沖縄に住む人間が、「本土の沖縄化に反対」することは、みずからの担っている過酷な状況を拒否するとともに、そのことを通してみずから以外の本土の誰かが、みずからの担っていると同様の過酷を担わされることに反対することを意味するのであって、したがって沖縄に住むぼくたちにとっては、「本土の沖縄化に反対することに反対」するわけにはいかないのだ。そのようなまぎれもない認識があって始めて、本土の知識人としての中野重治氏の発言は美しいのであり、沖縄のぼくたちにとっては「本土の沖縄化に反対」し続けなければならなかったし、反対し続けてきたはずである。(p75~77)


リンク先を見る 「沖縄」に生きる思想―岡本恵徳批評集

あわせて読みたい

「沖縄」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

  10. 10

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。