記事

母乳信仰はニセ医療問題ではない

 インターネットの通信販売で購入した「母乳」に、多くの雑菌が混入していたということで、母親が後悔しているという記事が掲載されていた。(*1)

 母親は初産で、マッサージなどを受けても母乳がほとんど出ず、母親失格と見られるかもしれないという恐怖感からノイローゼになり、母乳の販売という得体のしれない物に手を出してしまったようだ。

 記事の方には書いてないが、デスクによる解説動画を見ると、送られてきた自称「母乳」は、少量の母乳に粉ミルクと水が混ぜられたものであり、食用に適さないレベルの細菌が入り込んでいたということだ。

 さて、こうした育児や健康にまつわる問題が起きた時に、必ずと言っていいほど「勉強しないから、こうした間違った情報に振り回されるのだ」という批判が起きる。だが今回のような「母乳信仰」とも言える過剰な母乳依存は、むしろ女性が「より良い母親」であろうと、必死に勉強したからこそ、陥った落とし穴であるといえる。

 最近は、誰もがインターネットを利用するようになり、多くの情報をネットから得るようになった。その中には見る側の不安を煽ることによって、商売につなげているようなものが多数存在する。

 最近流行りの「ニセ医療」という問題は、多くの医者が「こうすることがより良い方法だ」としている標準的な医療に対して、曖昧な根拠をもって批判を行い、さも標準的な医療が人体に有害であるかのように吹聴し、独自の「信仰」に従っただけの、効きもせず病状を放置したり悪化させるだけの自称「医療」を施して金を稼ぐ、悪徳医師がいるという問題である。

 毎日の記事には「ネット上の誤った情報に「母親なんだから我が子を母乳で育てるのは当然」と思い込んでいた。」とあるから、今回の問題も「母乳を絶対的なものとして信仰する、ニセ医療を施す産院や助産師の問題なのだろう」と思い込んでいた。

 しかし、よくよく調べてみると、実は今回の事件はそんな単純な話ではないことが分かった。なぜなら母乳推進は、あるネット界隈が何の根拠もなく垂れ流していることでもなければ、少数の産科医が盲目的に推奨していることでもない。ほかならぬWHOとUNICEFという国際的に権威のある団体が推し進め、厚生労働省も後押ししていることだったからだ。

 つまり標準的な医療こそが「母乳信仰」とも言える状態に陥っているのである。

 その原因になっているのが、WHOとUNICEFが1989年3月に発表した「母乳育児を成功させるための十か条」である。(*2)

1、母乳育児の方針を全ての医療に関わっている人に、常に知らせること
2、全ての医療従事者に母乳育児をするために必要な知識と技術を教えること
3、全ての妊婦に母乳育児の良い点とその方法を良く知らせること
4、母親が分娩後30分以内に母乳を飲ませられるように援助をすること
5、母親に授乳の指導を充分にし、もし、赤ちゃんから離れることがあっても母乳の分泌を維持する方法を教えてあげること
6、医学的な必要がないのに母乳以外のもの水分、糖水、人工乳を与えないこと
7、母子同室にすること。赤ちゃんと母親が1日中24時間、一緒にいられるようにすること
8、赤ちゃんが欲しがるときは、欲しがるままの授乳をすすめること
9、母乳を飲んでいる赤ちゃんにゴムの乳首やおしゃぶりを与えないこと
10、母乳育児のための支援グル-プ作って援助し、退院する母親に、このようなグル-プを紹介すること

 日本でも厚生労働省が、この10箇条を前提に「授乳・離乳の支援ガイド」を策定している。(*3)

 そしてUNICEFでは、この10箇条を守り積極的に母乳育児を推進する病院をUNICEFから委託された「日本母乳の会」が審査し、それに通過した病院が「赤ちゃんにやさしい病院」に認定しているという。(*2)

 産婦人科医の宋美玄さんが、自身の出産経験を「恐るべき母乳スパルタ病院」という記事にまとめている。(*4)

 安産で出産したはいいが、出産当日から母児同室で、3時間毎に授乳することを強要されたという記述があるが、これは十か条の7、8条に沿った指導である。その結果、出産直後の苦しい状態で、出産直後の赤ちゃんの様子を見ることを余儀なくされ、産後ゆっくり眠ることは一度もできていないという事態になった。

 更に初産で初日から母乳が出ないにも関わらず、6条に沿って母乳以外の栄養が赤ちゃんに与えられないことから、出生3日で体重は10%も減り、昼も夜も泣き続けるということになってしまった。

 結局「初産婦として平均的なことに」4日目辺りから母乳が出始め、体重も戻ったそうだ。つまり、大半の初産の女性がこうした「苦労」を、そして大半の赤ちゃんが3日で10%という急激な体重減少を、医療によって押し付けられているということだ。

 この記事を読み、記事に付けられたコメントを読むに「産院で恐ろしいことが起きている」という感じしかしない。うん、言葉を濁した。率直に言えば「狂気に満ちている」と思った。

 少なくとも僕には、女性が無駄に不必要な苦労を押し付けられているようにしか見えないし、赤ちゃんについても、産後直後の危険な状態で、保育器にも入れてもらえず、出産で苦しみ、母乳も出せない母親にそばに置かれるだけの状態は生命の危機としか思えない。

 特に体重の減少については、自分の体重の10%を考えてみればいい。仮に体重60キロの人が3日で6キロ痩せたとして「ダイエット成功!」と素直に喜べるだろうか? 普通は「急激にやつれた。何かの病気では?」と疑って当然の事例である。成人ですら怪しむ現象が赤ちゃんに起きて当たり前と思われているのである。

 そんな狂気が是正されるどころか正しい育児として認識され、そうした病院が「赤ちゃんにやさしい病院」として認定される。これは悪夢だ。
 産婦人科医の中には、こうした医療行為が、低血糖や低体温を招き、死亡事故を起こしたり、発達障害の子供などが増えている原因だと指摘する人もいる。しかし、WHOやUNICEFという権威を相手にしては、そうした指摘の方が「ニセ医療」のようにも思えてしまう。

 僕はさほど医療に対する知識がないのでなんとも言えないが、単純にこのような状況に置かれる女性が大変だと思うし、赤ちゃんだとしても産まれた直後という最も栄養が必要な時期に、何も口にできないのはおかしいと思う。

 しかしそれがおかしいと思えないような環境の中で子供を産み、医者や助産師という医療従事者に「母乳こそが正しいのだ」と指導され続ければ「誰とも知らない他人の母乳」に頼るようになるまでに思い悩む女性が出てきてしまうのも当然だ。

 僕はやはり、30年近く前に制定された「母乳育児を成功させるための十か条」に、この問題の原因があると考える。
 この十か条はユニセフのサイトにもあるように、安全な粉ミルクや飲料水といった、人工乳で子供を育てることができる環境を十分に持たなかったり、子供を産んでも即次の妊娠を強要されるような、女性の人権意識の低い発展途上国を念頭に考えられているようだ。(*2)

 女性の人権意識はともかく、安全な粉ミルクや飲料水を比較的安価に手に入れられる日本で、この10箇条を金科玉条として律儀に守る必要は本当にあるのだろうか?

 今回のように母乳育児やカンガルーケアを絶対的に善とする環境の中で、肉体的にも精神的にも疲労し続けることを産院から強要され、ノイローゼに陥る女性が増えているとすれば、この基準も社会情勢に合わせて修正されていく必要があるのではないだろうか。

*1:偽「母乳」ネット販売:購入の母「まるで詐欺」 「息子に謝りたい」(毎日新聞)
*2:赤ちゃんにやさしい病院 | ユニセフについて(日本ユニセフ協会)
*3:「授乳・離乳支援ガイド」の策定について(厚生労働省)
*4:恐るべき母乳スパルタ病院 : 宋美玄のママライフ実況中継(読売新聞)

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  2. 2

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

  3. 3

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  4. 4

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

  5. 5

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  6. 6

    北米や中国で木材価格が高騰 日本は「買い負け」状態

    ヒロ

    05月06日 14:58

  7. 7

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  8. 8

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  9. 9

    中国で大食い動画に罰金160万円の衝撃! 日本も検討するべき5つの理由

    東龍

    05月06日 19:22

  10. 10

    菅政権の中途半端なコロナ対応

    大串博志

    05月07日 08:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。