記事

「日本の民主主義は危機的な状況」・「つぶさないといけない」沖縄2紙の編集局長が会見

 自民党の勉強会で「沖縄2紙は潰さないといけない」と名指しされた琉球新報の潮平芳和、沖縄タイムスの武富和彦両編集局長が、6月2日、外国特派員協会と日本記者クラブで相次いで会見し、政治圧力に怯むことなく今後も沖縄の民意を伝える立場を貫く姿勢を強調した。

 琉球新報の潮平芳和編集局長は経団連に広告の引き上げを働きかけるとした発言は、「メディアを兵糧攻めにして言論の自由を奪う発想で極めて危険」と述べた。

 沖縄タイムスの武富和彦局長は中央紙は沖縄国際大学の米軍ヘリ墜落事故の際の報道を例にあげながら、「全国紙は地方の視点が欠けている」と、全国紙の沖縄報道に苦言を呈した。

 また、両編集長は自民党政治家や勉強会に講師として招かれた百田尚樹氏の発言による経営面での影響について、「むしろ激励の手紙やメールが増えた」として、マイナスの影響は出ていないと語った。

 ビデオニュース・ドットコムでは外国特派員協会と日本記者クラブの2つの会見を、ノーカットで放送中。

あわせて読みたい

「百田尚樹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  6. 6

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  7. 7

    若者に届け TV局がYouTubeに本腰

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  10. 10

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。