記事

7月2日(木) ムネオ日記

 アメリカとキューバが54年振りに国交回復し、20日に大使館を再開するとオバマ米大統領が発表した。

 このアメリカとキューバの歴史的合意を見ながら、トップの判断の大きさをつくづく感じる。

 安倍首相もロシアのプーチン大統領と戦後70年、節目の年に、北方領土問題解決のため、大きな決断をしてほしいものだ。現実的解決に向け、安倍首相がカードを切ることにより動き始める。

 アメリカは自国の利益の為には同盟国とも相談せずことを進める。日本が戦後未解決の北方領土問題解決のため、プーチン大統領の来日を模索するとウクライナ問題で慎重にすれとか、その時期でないとか、足を引っ張る。アメリカの身勝手さに毅然とした態度を示すべきである。

 アメリカとキューバの国交回復のように日露関係でも歴史の一ページが作られることを期待してやまない。

 総務省が1日発表した住民基本台帳によると衆議院で18区、参議院で31区が2倍超と一票の格差が拡大していると報じられている。

 裁判で違憲状態、中には違憲と判断されている現状に国民から選ばれた立法府はスピード感を持って格差是正に取り組まなくてはならない。

 党利党略が必ず出てくるが、公平の原則から一票の重みを踏まえる結論を出すしかない。

 今こそ立法府の英断を発揮するべきであり、それが国民の信頼を得ることになる。

 問題になった自民党の「文化芸術懇話会」における講師の百田発言、それに伴う東京16区選出の大西英男、福岡1区選出の井上貴博、比例近畿の長尾敬氏の発言がまだ尾を引いているが、なかでも大西英男氏は厳重注意を受けても懲りずに「一部マスコミを懲らしめてやりたいという気持ちはある」と述べている。普通の頭作りではない。

 「マスコミには真実を伝えてほしい、報道してほしい、それが使命でないか」と言えば何ともないことである。

 「マスコミを懲らしめる前にいずれ大西英男氏が有権者に懲らしめられることだろう」という声が聞こえてくる。ブーメランとなって還ってくることになるだろう。

 今回の一連の騒動を見ながら政治家の基礎体力、劣化が何よりも人としての心のなさが進んでいることを憂いるものである。

 政治家である前に、一人の人間としての生き様を忘れないでほしいものだ。

あわせて読みたい

「大西英男」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  2. 2

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  3. 3

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  4. 4

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  5. 5

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    小池都知事が過労により静養 今週の公務は副知事が代理へ

    ABEMA TIMES

    06月22日 20:21

  8. 8

    「ウッドショックからウッドチェンジへ」林野庁の木材利用促進に違和感

    田中淳夫

    06月22日 10:21

  9. 9

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  10. 10

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。