記事

スイス、フラン高抑制の最終手段は資本規制=UBSエコノミスト

[チューリヒ 2日 ロイター] - スイスの金融大手UBS<UBSN.S><UBSG.VX>の同国担当チーフエコノミスト、ダニエル・カルト氏は2日、当局がスイスフランの上昇を抑制できない場合は銀行からの現金引き出しを制限する可能性があるとの考えを示した。

カルト氏はロイターに対し、この大胆な措置が取られる可能性は非常に低いとしつつも、市場の混乱が深刻な場合の最終手段として用いられる可能性があると指摘。ただ、これはあくまで自身の推測であり、スイス国立銀行(中央銀行)が計画していると聞いたわけではないと強調した。

同氏は現金の引き出し制限により、国内外の投資家のスイスフラン購入意欲をそぐことを期待できると指摘。「これは非常に強いシグナルとなる」と語った。

スイス中銀は、資本規制を含め、実行可能ないかなる政策ツールも排除しないと繰り返し、それ以上のコメントを拒否した。

中銀が今年1月、1ユーロ=1.20フランとしてきた対ユーロ相場の上限を撤廃したことを受けてフランは急騰。ただ今週は、ギリシャの債務問題をめぐる懸念があるものの、1.05フラン前後で推移している。中銀はマイナス金利を導入し、フラン高抑制に向けた介入も行っている。

カルト氏は「スイス中銀がマイナス金利をさらに引き下げざるを得なくなるという究極のシナリオでは、(当局は)現金保有によるマイナス金利の適用回避を防ぐためにある種の資本規制の導入を迫られる可能性がある」と述べた。

国内銀行は今のところ個人の預金口座にマイナス金利を適用していないが、政策金利がさらに下がれば、適用する可能性がある。その場合は預金者は預金を引き出し、手元で保管するようになるとカルト氏は指摘。これを防ぐために当局は、引き出し額を1日数百フランに制限する、そうしない場合は預金者の引き出し額以上の手数料を課すよう銀行に求めることで、現金を保有する場合にもマイナス金利を適用する可能性がある、と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  5. 5

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  6. 6

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  7. 7

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  8. 8

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

  9. 9

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

  10. 10

    「もし今日が人生最後の日だとしたら」落合陽一が悩むときに使う最強の思考法

    PRESIDENT Online

    08月03日 11:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。