記事

カリスマ去りし企業の行方

あつまろです。

アップルのスティーブジョブズ氏の辞任ニュースが駆け巡りました。病気療養で実務からは既に距離を置いていましたが、カリスマイノベーターがピッチから去ることは衝撃を与えました。

「イノベーションとは、昨日の世界と縁を切り、明日を創造することである。」(P.F.ドラッカー)を体現したジョブズ氏の手腕をリアルタイムで見続けることができた、私たちは幸運じゃないかと思います。

これからアップルはどうなるのか?

時価総額世界最高まで上り詰めたアップル。私たちは歴史に名カリスマが去りし後の企業がどのような道を辿るのかをこれから見続けることができるのです。To be continued... 次回放送を楽しみに待つ感覚です。

カリスマ去りし後のアップルは、大黒柱を失い衰退の道を辿るかもしれません。一方でカリスマの理念は、うまくいけば企業理念としてDNAとして定着し繁栄が永続するかもしれません。 

アメリカに目を向ければ、ウォルト・ディズニー去りし後の現在のディズニー。 レイ・クロック去りし後の現在のマクドナルド。日本では、本田宗一郎去りし後の現在のホンダ。松下幸之助去りし後の現在のパナソニック。

当時の勢いや面白みはないのかもしれませんが、カリスマの残り香が残っているように思えてなりません。

ジョブズ氏には及ばないまでも、多くのカリスマがいます。日本でもファーストリテイリングの柳井氏、日本電産の永守氏。

カリスマ去りし後。 残された人たちは、カリスマの幻影と闘い、オリジナリティを追求することでしょう。 成功する企業はカリスマの理念を継承しつつ、カリスマ手法との決別できる企業じゃないかと思います。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  4. 4

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  6. 6

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  7. 7

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

  8. 8

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  9. 9

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  10. 10

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。