記事

米FRB、債券市場流動性低下の有無を調査=ブレイナード理事

[ワシントン 1日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は1日、流動性の低下により米国債市場が圧迫されていないか、FRBが調査を開始したことを明らかにした。

同理事によると、FRBの調査担当者は前年10月に見られた市場の動きのほか、この時期の動きが米国債市場における何らかの変化にあたるものだったのかに着目して調査を進めている。

同理事はオーストリアで行った講演の原稿で、前年10月に米国債、また今年に入ってから独連邦債価格が大きく揺れ動いたことで、世界で最も安全と見なされている資産でも、流動性が従来よりも低下しているとの見方が裏付けられたと指摘。流動性の低下により相場の動きが増幅されれば、金融ストレスに大きな影響を及ぼすとの懸念を示した。

ただ同理事は、これまでのところ日々の取引のなかで流動性が低下しているとの証拠はほとんど得られていないとしている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  6. 6

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  7. 7

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  8. 8

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  9. 9

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  10. 10

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。