記事

NHKクローズアップ現代 あなたのがん 見つけます ~超早期治療への挑戦~ 検査に伴う不安!バックアップができていない!

昨日のクローズアップ現代(あなたのがん 見つけます ~超早期治療への挑戦~)、今の医療の進歩と問題点が挙げられていました。最近取り上げた癌早期診断の内容で、新しく皮膚のにおいという方法も出ていました。 すこし解説します。

本当にこの領域の研究は日本で盛んです。前回記事にも書きました。(癌検診に革命!今度こそ実用化?)それに対しての問題点として、結果が出た後の検査体制、心理サポート体制等の不備が患者例を示しながら問題提起されていました。

保険では認可されていない検査、つまり全額自費!その検査で判明した判定C!つまりどこかにがんの芽(種?)はできているが、免疫が抑えている?のかどこにあるかは埋もれていてわからないということ、そんな内容になるでしょう。

多分この報告の最初にあるものと思われます(事業完了支援者報告資料)。それを、クリニックの先生が自由診療でおこない、ある意味営業利益とされているのでしょう。

ただしこのような結果がでたら、患者さんの精神的フォローをこのクリニックが行わなければいけない!そして基本その値段は保険では賄えない!仕事が増える!いったいどうすればというクリニックの悲鳴はまさにバックアップなしで自由診療をすすめてしまった結果です。

画像で見える物は、普通の保険診療に移れます。見えるものに対処すればいいのですから。それに対して目には見えないこの状況、でも多分種はできているこの状況。今はやりの病気になりやすいかどうかがわかる遺伝子検査と同じ状況です。
遺伝子診断に伴う危険性は?
被検者に及ぼす心理的影響と 医師の認識に関する研究


何%の確率で癌になるリスクがある!でも今はない!ではどうすれば?毎年しっかり検査をすればいい!となっていただければいいのですがなかなか人間そううまくはいきません。

「俺はがんになるんだ」「がんになったら今の仕事や家族は」「いったいいつなるんだ」「予防法は?」実際食事指導でマヨネーズ摂取を上げていましたが、そんなことを気にするストレスの方がよっぽどがんを早めます。そんなこんなで悪徳なところなら根拠のない健康食品などが売られてしまうかも。

検査を受ける前に患者さんは同意書を書かされているはずです。バックアップができていないのは問題ですが、患者さん本人の自覚も必用です。また精神的フォローは必用ですが、お医者さん達もまず検査をしっかり勉強しましょう!どういうことがおきるのか。医療を行っていく上で当然のことです。

あわせて読みたい

「がん」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  2. 2

    医療逼迫には至らない?ワクチン接種者の重症例の報告少ないオミクロン株

    中村ゆきつぐ

    12月04日 10:29

  3. 3

    「コロナ対策優等生」ドイツが感染爆発を防げなかった理由 - 熊谷徹

    新潮社フォーサイト

    12月03日 16:13

  4. 4

    NHKが映らない? 受信料拒否はNHKへの批判にはならない

    猪野 亨

    12月04日 09:55

  5. 5

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  6. 6

    韓国 感染拡大止まらず 新規感染者5300人超え 重症者・死者数の全てで過去最多を更新

    ABEMA TIMES

    12月04日 15:38

  7. 7

    泉田議員が“裏金告発”音声データを公開 星野新潟県議は反論「裏金じゃなく表の話」

    ABEMA TIMES

    12月04日 09:27

  8. 8

    「しょっちゅう人手不足になるところでは働くな」が本当なら

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    12月03日 15:30

  9. 9

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  10. 10

    そもそもオリンピックを中国で開催して良いのか

    和田政宗

    12月04日 10:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。