記事

コンドームで描かれた前ローマ法王の肖像、米国で展示へ

[ミルウォーキー 29日 ロイター] - 米国のミルウォーキー美術館が、コンドームで描かれた前ローマ法王ベネディクト16世のポートレートを11月から展示する予定であることが分かり、法王への侮辱だとして苦情が寄せられている。

ミルウォーキー州出身の芸術家、ニッキー・ジョンソン氏の手によるこの作品は、約1万7000個の色とりどりのコンドームを折り曲げてモザイクのように組み合わせ、前法王の姿を描き出している。

完成したのは2年前。前法王は当時、アフリカにおけるHIV感染予防目的であってもコンドームの使用を認めない立場を取っていたため、ジョンソン氏はこの作品を制作したという。

同州のJerome Listecki大司教は、美術館の意向は無神経だと批判。美術館には、展示に反対する電話が200件あったという。

これに対し美術館の責任者、ダン・キーガン氏は、賛成意見も多く寄せられ、反対意見を上回っていると反論している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  6. 6

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    政府のデジタル化策は正しいのか

    山田太郎

  8. 8

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  9. 9

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  10. 10

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。