記事

「喪屍肉在中国」(ゾンビ肉は中国にあり)〜10万トン以上のゾンビ肉没収も今日も中国は平常運転

 今回は小ネタです。

 中国語でゾンビは「喪屍」という言葉が使われるそうですが・・・

 「食は広州に在り=食在広州」ということわざがありますが、中国は広州から延与光貞記者による、とんでもない「ゾンビ肉」のニュースが飛び込みました。

 さしずめ「喪屍肉在中国」(ゾンビ肉は中国にあり)といったところでしょうか。

 うむ、国営新華社通信などが伝えたところでは、中国の税関当局が冷凍肉の密輸グループを摘発したところ、1970年代、80年代の肉が流通していたことが分かったそうであります。

(参考記事)
「ゾンビ肉」、中国で流通 一部は70年代生産の記録
広州=延与光貞
2015年6月30日05時01分
http://www.asahi.com/articles/ASH6R5JJ9H6RUHBI01W.html

 うーん、驚くのはその量の多さであります。

 税関当局は全国で20以上の密輸グループを摘発したそうで、鶏の手羽先や足、牛肉など10万トン以上、計30億元(約593億円)相当の肉を没収したとのことです。

 で、一部の包装に、70年代、80年代に生産されたとの記録があったというわけです。

 でなんで40年前の肉が流通したかと言えば、密輸肉の原産国は米国やブラジルなどで、長期保存の経緯は明らかでないが、中国メディアは「戦時用に備蓄されていた肉ではないか」などと推測しているそうです。

 で、最悪なのが、湖南省の摘発例では、いったん香港に集められた後、ベトナム経由で密輸。途中、冷凍車を使わずに溶けて腐り、再び冷凍された肉もあったのだそうです。

 で、このゾンビ肉、牛肉の市場価格は通常、1キロ80元(約1600円)程度だが、密輸肉はその半値程度だった、と。北京、天津、重慶の各市や、河南、四川、湖南、広東など各省のスーパーやレストランに流通していたとみられるそうです。

 で、肉は検疫を受けていないため、鳥インフルエンザや口蹄疫(こうていえき)などに感染していても、そのまま流通していた可能性があるといいます。

 ・・・

 うーん、ここ重要なんですが、この記事で「10万トン以上」としているのは、あくまで税関当局が今回没収したゾンビ肉の量なのでありまして、今までにすでに流通してしまった肉の量や、税関当局が見過ごしてしまっているであろうゾンビ肉の総量は、全く不明な点であります。

 ゾンビ肉がどんだけ流通してしまったのかようわからんわけです。

 で、40年前のしかも一部「冷凍車を使わずに溶けて腐り、再び冷凍された肉」も含まれるゾンビ肉が、広く「北京、天津、重慶の各市や、河南、四川、湖南、広東など各省のスーパーやレストランに流通していたとみられる」わけです。

 ウップ、であります。

 それを食したと想像するだけで気持ち悪くなりますね。

 中国よたいがいにしろよ、といいますか、食の安全とかの次元ではくくれない異次元のニュースではあります。

 これ普通の国なら大ニュースになり食肉市場がパニックになるのは間違いなく、市民の苦情が殺到、政府の管理責任が厳しく問われ、原因解明と再発防止の対策が講じられるであろう大問題に発展するわけですが、中国の場合、公営通信社がさらっと報道してそれで何もないがごとくおしまいなところが、ある意味、ゾンビ肉が流通した事実以上に、恐ろしいところなのであります。

 今日も中国は平常運転なのであります。

 ふう。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「天皇謝罪で慰安婦解決」は大嘘

    MAG2 NEWS

  2. 2

    夕刊フジ「韓国一面祭り」のワケ

    文春オンライン

  3. 3

    反日姿勢に米の韓国離れが加速か

    MAG2 NEWS

  4. 4

    10連休で支障ない行政は給与泥棒

    川北英隆

  5. 5

    橋下氏 五輪相カンペ謝罪に指摘

    橋下徹

  6. 6

    五輪相の失言は全文読んでもダメ

    永江一石

  7. 7

    いきなりステーキ NYでなぜ苦戦?

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  8. 8

    韓国の日本軽視 裏に存在感低下

    WEDGE Infinity

  9. 9

    エロ本排除を招いた出版社の失策

    文化通信特報版

  10. 10

    眞子さま 皇籍離脱して結婚も?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。