記事

さらりと書かれている「子どもを産ませていた」に感じる違和感

日本に帰国してワタクシがまず買ったのは週刊文春と新潮。林真理子さんのエッセイと佐藤優先生×西原理恵子さんの合作コラム連載を毎回楽しみにしているからだ。
ぶひゃー。
週刊文春にさらりと書かれていた一文に思わず、吹き出した。

「(どこぞの市議が)愛人がいるどころか、その女性に子どもを産ませていたというからすごい」(「夜ふけのなわとび」週刊文春より)
基本的にワタクシは真理子ファンである。熱烈ともいってよい。だからこそ「週刊文春」を律儀に毎週買っているわけだけど。

「子どもを産ませる」(とかよくある「孕ませる」等々)明らかに男女の力関係の上下を固定した表現が、普通にこうして使われているということにあらためて衝撃を受ける。

実際にこの愛人が「子どもを産ませ」られていたのかどうかはわかないが、この件でなくとも愛人のみならず「子どもを産ませ」られている女性というのはどのぐらいいるのであろうか。

どうも、現実はこの表現とは違っているように思えてならないのだが。

なので、ワタクシはこの表現に違和感を持ったのだが、こればすんなり受け入れられているならば、まさに「女性が輝く社会」でないことの証明でもある気がする。

あわせて読みたい

「女性の社会進出」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  2. 2

    おしゃれの時代はユニクロで終焉

    fujipon

  3. 3

    日本なんて要らない? 韓国の本音

    PRESIDENT Online

  4. 4

    ベーシックインカムで年金不要?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    議員団が対馬の韓国資本を危惧

    長尾敬

  6. 6

    嫌韓と日韓関係を混同する新聞社

    PRESIDENT Online

  7. 7

    日本の優遇除外は逆ギレ報復措置

    城内実

  8. 8

    香川県に縁ない丸亀製麺が論争に

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    東電旧経営陣への無罪判決に不満

    川田龍平

  10. 10

    HIV内定取り消し訴訟 病院の大嘘

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。