記事

Spotify、データ解析専門の「Seed Scientific」を買収。Beats Musicにもデータ提供するスタートアップ

リンク先を見る

定額制音楽ストリーミングサービスのSpotifyは、データ解析のスタートアップ「Seed Scientific」の買収を発表しました。Seed Scientificは、2012年に創業したニューヨークのスタートアップ。買収金額は明らかにされていません。

彼らのクライアント・リストにはAudiやUniliver、国連が名を連ねますが、音楽サービス関連ではアップルが買収したBeats Musicも彼らのデータ提供先に含まれていたことが注目されています。

Spotifyは買収に伴い、Seed Scienfiticが今後アップルへのデータ提供を止め、Spotifyへ独占的にデータ提供するとTechCrunchに説明しています。

買収の目的はアーティストやリスナー、企業やブランドがSpotifyとどのようにインタラクションを行うかをより深く理解し、サービスの改良に活用するため。そのため、SpotifyとSeed Scientificはデータ解析専用チーム「Adcanced Analytics unit」を新たに立ち上げます。このチームのリーダーにはSeed Scientificの創業者でCEOのアダム・ブライ(Adam Bly)が就任する予定です。

Seed Scientificは企業のデータ解析用に特定のアルゴリズムを開発、データ・ディスカバリー、収集機能、データ・サイエンス、ビジュアリゼーション・サービスを提供してきました。

Spotifyは昨年、音楽メタデータのソリューションプロバイダー「The Echo Nest」を買収したことが話題になりました。Echo NestもまたSpotifyに買収される前はBeats Musicにデータを提供していました。アップルも2015年1月にロンドンの音楽データ解析のスタートアップ「Musicmetric」を買収するなど、データ解析の領域への注目の高さが伺えます。買収の背景には、Spotifyがさらなるレコメンデーション機能の強化を目指すため、データ解析企業を傘下に収めていることがあげられます。例えば、リスナーにはより最適な曲を、アーティストにはファンの行動を、ブランドにはターゲットされた広告を、それぞれ提示することも実現しやすくなります。特にSpotifyは人のスケジュールやムード、アクティビティに基づいたレコメンデーションから、新しい音楽との出会いを強化しているところ。定額制音楽ストリーミングサービスの話題はテイラー・スウィフトやロイヤリティの話ばかりが注目されていますが、その裏ではデータサイエンスの領域で競争もひっそりと進んでいます。

ソース
Spotify Buys Beats’ Analytics Provider Seed Scientific(6/24 TechCrunch)

あわせて読みたい

「Spotify」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  6. 6

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  7. 7

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。