記事

アスリートの為末大が、テレビで引っ張りだこなわけ

ジャーナリスト 高井尚之=文 ミヤジシンゴ=撮影

テレビのスポーツ番組やニュース番組、情報番組などで爽やかな笑顔を見せる為末大氏。彼の発する言葉には、立場を超えて誰をも深く納得させる魅力がある。なぜなのか。身近に接する経営者、学者、教育者たちの意見を聞いた。

ノーベル賞とオリンピックの共通点とは?

世界陸上の400メートルハードル競技で銅メダルを2回獲得し、引退後はテレビ出演を含め多彩な活躍をする為末大。彼の言葉には、時折はっとさせられることがある。たとえば、コメンテーターを務めるフジテレビの情報番組「とくダネ!」でのこんな発言だ。

その日、2014年のノーベル物理学賞に選ばれた赤崎勇名城大学終身教授(名古屋大学特別教授)や天野浩名大教授をはじめ、最近の日本人受賞者には名大関係者が増えているというニュース(今世紀に入ってからの受賞者11人中6人が名大関係者)を受けて、司会の小倉智昭が何気なく「為末さん、スポーツにノーベル賞はないけど?」と話題を振った。

すると為末は、いつものようににこやかに「似ているところはあるんですよ。インターハイで好成績を目指す高校と、オリンピック選手を輩出する高校は比較的分かれているんです。いますぐの勝利を目指すか、将来伸びる選手を育てるかの違いでしょう」と答えた。出演者一同はこれに「ほーっ」と感嘆の声を上げるばかり。

画像を見る
為末 大(ためすえ・だい) 元陸上選手  1978年、広島県生まれ。世界陸上2001年エドモントン大会、05年ヘルシンキ大会の400mハードルで銅メダルを獲得。12年に現役引退。一般社団法人アスリートソサエティ代表理事。法政大学経済学部卒。

なぜ、こうした発言ができるのか。それを培ったのは、選手時代からの多様な経験だ。

まず、現役時代にコーチ不在の中で独自の練習方法を試行錯誤したこと。為末は「練習と練習の間の休憩時間に考えて、物事を空想し続けた。視点を変えたことも多い。たとえば現役時代の終盤は、アキレス腱が痛くてジャンプを伴う練習が辛くなった。そこで『この練習の本質は何か』をとことん考え、アキレス腱に負担をかけずに同じ効果を出せる練習にスイッチした」と明かす。

次に花形種目でなかったゆえの情報発信の工夫。「自分の種目が世間に注目されないと地位も上がらない悩みを抱えていました。『陸上を盛り上げよう』という活動も、半分は公的な志で、残り半分は理解されたい気持ちが強かったので、伝え方を考え続けた」。

そして多彩な人との出会い。「アスリートだけでなく、経営者や教育者、メディア関係者など幅広い分野の人と対話することができた。その経験で思考の幅が広くなり、勘が鋭くなったのかもしれませんね」と振り返る。

スポーツの世界だとこうですが、それで合ってますか?

為末と親しい陸運大手セイノーホールディングス社長の田口義隆によれば、「周囲への配慮が素晴らしく、投げた言葉や話をきちんと受けてくれる。そのうえで相手の分野やレベルに応じて返すので、経済でもスポーツの話でもすべて響きがある」。

市民アスリートとしても知られる田口が、為末と初めて会ったのは5年ほど前。経営者仲間で走り方の教えを受けた品川区内の小学校のグラウンドだ。そのときの感想は「物事を突き詰める人で、まるで修行僧のよう。集中力を持ち、仮説・検証もきちんとしていた」と褒めたたえる。

東京大学教授で産学連携本部イノベーション推進部長の各務茂夫も、為末について「相手の立場を理解したうえで言葉を受けとめ、それを自分自身の言葉に置き換えて、わかりやすい内容で返す」と指摘する。

戦略コンサルタント出身で自らも起業経験を持つ各務は、アジアの起業家が一堂に会した「アジア・アントレプレナーシップ・アワード」の主催者で、13年には為末と森川亮LINE社長との座談会で出演者兼進行役を務めた。

その際に「最近の大学では博士号を取得しても3年任期の研究員にしか就けず、年齢を重ねるとそれすらもかなわない『ポスドク問題』(ポストドクターの処遇問題)が増えている」と話したところ、為末はこう応じた。

「それは競技スポーツの世界でも同じです。その道だけを追求したが第一人者になれずに就業環境も狭まり、現役引退後の仕事に困る人も多い。そこでセカンドキャリアも含めた『アスリートソサエティ』の活動を続けています」

各務は「常に自分が当事者意識を持ち、困難を乗り越え物事を切り拓くのは起業家に共通する特質。為末さんは世の中を変えていく起業家能力が高い人」と評価する。

ただし為末自身は、「ビジネスの世界は全然わからない」と前置きしてこう語る。「だから、聞いた話を咀嚼して似た文脈で話そうとしている。相手の方に『それは、スポーツの世界だとこんな出来事ですけど、それで合っていますか』と確認することも多いですね」。

無邪気で好奇心旺盛な「小学5年生」

スピーチコンサルタントの西任暁子によれば「相手の話を要約したり、『つまりこういうことですか』と話を置き換えて返したりするのは、内容を深く理解している証拠」。為末の理解力の高さがうかがえるエピソードだ。

しかし、理解力が高いだけでは大方の共感を得ることはできない。為末の特質を理解するもう一つのカギは「無邪気さ」だ。品川女子学院校長の漆紫穂子が、にこにこしながらこう話す。

「為末さんは、いい意味で小学5年生の子供のよう。これを聞いたら恥ずかしいかも、といった逡巡がなく、誰に対しても素直に質問します」

リンク先を見る
図を拡大
これが為末流の極意


前述の田口と為末を引き合わせたのがこの人で、鍛錬を重ねて12年の「トライアスロン年齢別日本代表」にも選ばれた。初めて会ったときから為末に「気さくで人の気をそらさないし、話をして楽しい人」と好印象を持ち、その後は、一緒に生け花を学ぶなど様々な交流を続けてきた。

直接本人に「なぜ子供みたいに深い質問ができるの?」と尋ねたこともある。子供のように無邪気な問いを重ねつつ、物事の本質に迫っていくのが為末の本領だと感じていたからだ。このときの答えは「早くから陸上に打ち込んできたから、知らないことを恥ずかしいとは思わない」。今回の取材でも「僕は好奇心旺盛で、相手が返答をくれたあとも聞き続けることがある。とことん納得したい思いが強い」と語っている。

「まるで修行僧」という田口の評とも重なるが、「陸上に打ち込んできた」為末は、その道では他の追随を許さない第一人者。その自覚と圧倒的な自信が、彼の気さくさ、無邪気さにつながっているように思われる。

無邪気に聞き続けて学び、増やした引き出しの中から相手や場に合わせて言葉を話す。現役時代とは印象が違う“ソフトな求道者”の姿がそこにはあった。(文中敬称略)

あわせて読みたい

「スポーツ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏 バイトテロは昔からある

    キャリコネニュース

  2. 2

    海老蔵が豊洲で都知事をバッサリ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    「貧乏人は犬飼うな」はその通り

    永江一石

  4. 4

    徴用工訴訟 逆提訴が日本のカギ

    AbemaTIMES

  5. 5

    バカッター 実は低リスクで驚き

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  6. 6

    いきなり! セブン出店戦略に学べ

    内藤忍

  7. 7

    日韓関係 耳傾け合う姿勢が希薄

    宮崎正

  8. 8

    「悪夢の前政権」外交面では事実

    MAG2 NEWS

  9. 9

    西川先生の池江巡る発言は暴論?

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    慰安婦解決と天皇の謝罪は別問題

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。