記事

「パチンコ賞品の買取行為は直ちに違法にはなりません」(by 安倍政権)

これ、業界的には結構話題になっていたのですが、ちょっとバタバタとしていた為にご紹介するタイミングを逃していました。今月12日に開示された、民主党・小見山幸治議員による質問主意書と政府によるその回答です。


【6月4日:質問】
パチンコ営業に対する規制の在り方の一部不明確な点に関する質問主意書

 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下「風営法」という。)第二条第一項第七号に規定されるぱちんこ屋営業(以下「パチンコ営業」という。)は、数十年の長きにわたって国民に娯楽と憩いの場を与え、国民の健全な余暇生活の向上において重要な役割を果たしている。また同時に、パチンコ営業が地域における経済の活性化及び就業機会の拡大をもたらしてきたことに鑑みると、パチンコ営業については、必要な規制を行いつつ、産業としての適正な振興と育成が図られなければならない。
 しかしながら、風営法がパチンコ営業を他の風俗営業と同じ枠組みの下での規制においていることと相俟って、パチンコ営業に対する規制の在り方に一部不明確な点があるとの指摘が多くなされているところである。

一 パチンコ営業を営む者(以下「営業者」という。)が客に提供した景品(賞品)を客が景品交換所で現金に換える行為については、違法ではないと考えるが政府の見解は如何か。

二 関係当局は、二〇〇三年六月に行った「国際観光産業としてのカジノを考える議員連盟」からの質問に対する回答において、概略「現在行われている換金行為のうち、営業者と関係のない第三者が客から景品を買い取ることは、直ちに違法となるものではない」と述べているが、現在においてもこの見解に相違はないか。

三 前記二で指摘した関係当局の見解が現在においても相違はないとすれば、同見解のうち「直ちに」とは何を意味するのか。

四 前記三で述べた「直ちに」とは、営業者が客から直接に景品を買い取ること又は営業者と同一とみなし得る者が景品を買い取る場合は、違法となり、取締りの対象となることを注意的に示したものであって、客から景品を買い取る第三者が、営業者と何ら関係がなく、かつ、営業者と同一とみなし得る者でない場合、そのような換金行為は違法ではないと考えるが政府の見解は如何か。

  右質問する。

----------------------------

【6月12日:政府回答】

参議院議員小見山幸治君提出パチンコ営業に対する規制の在り方の一部不明確な点に関する質問に対する答弁書

一から四までについて

 御指摘の「景品交換所」の意味するところが必ずしも明らかでないが、ぱちんこ屋の営業者以外の第三者が、ぱちんこ屋の営業者がその営業に関し客に提供した賞品を買い取ることは、直ちに風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和二十三年法律第百二十二号)第二十三条第一項第二号違反となるものではないと考えられる。もっとも、当該第三者が当該営業者と実質的に同一であると認められる場合には、同号違反となることがあると考えられる。

(出所:http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/189/meisai/m189152.htm

パチンコ賞品をパチンコ営業者以外の第三者が買い取る、いわゆる三店方式に関しては、過去の国会答弁の中でも幾度となく警察庁によって「直ちに違法となるものではない」という認識が示されてきました。それが改めて質問主意書およびその答弁書という形で示されたこととなります。

ちなみに、質問主意書に対する答弁書は関係各省庁で調整が為されたのち、閣議決定を経て、内閣総理大臣名で提出がなされるものであり、これまで存在した国会における「警察庁見解」とは少し質が違うものです。有り体にいえば、より高次の判断によってパチンコ賞品の買取行為の適法性が示されたこととなります。



…と、ここまでが非常に表層的な分析というか感想レベルのお話になるのですが、もうちょっと突っ込んでみると面白いことがわかります。上記答弁書、確かに政府はパチンコ賞品の買取行為は「直ちに違反となるものではない」としましたが、その記述を詳細に見てみると以下のようになっています。


賞品を買い取ることは、直ちに風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和二十三年法律第百二十二号)第二十三条第一項第二号違反となるものではない

上記のように余計な修飾を外して見てみると、この答弁書はあくまで「風営法第二十三条第一項第二号違反にはならない」という事しか言っていませんね。じゃぁ、風営法23条1項2号がどういう記述だったかというと以下のようなものです。


第二十三条
第二条第一項第七号の営業(ぱちんこ屋その他政令で定めるものに限る。)を営む者は、前条の規定によるほか、その営業に関し、次に掲げる行為をしてはならない。[…]

二  客に提供した賞品を買い取ること。

 それに対して、大元の小見山議員による質問はどういうモノだったかというと…


パチンコ営業を営む者(以下「営業者」という。)が客に提供した景品(賞品)を客が景品交換所で現金に換える行為については、違法ではないと考えるが政府の見解は如何か

上記のように、風営法との兼ね合いのみに焦点を当てたのではなく、その他の法律も含めて「違法であるか/ないか」の見解を求めていたワケで、政府は小見山議員の質問に対して巧妙に「すれ違い答弁」をしていることが判ります。当然ながら、これは意図的に行っているものでしょう。(これを意図せずやってるのなら、この答弁書を作った官僚は日本語が大変不自由な人であるということになります)

というか、三店方式が風営法の定めに反していないなんてことは最初から判ってるわけで、むしろ小見山議員が本当は聞かなきゃいけないハズの刑法第185条に定められる賭博罪との兼ね合いに関して、政府は回答を避けたというのが実態であると言えます。この答弁書も警察庁単独で作成されたものであり、刑法を所管する法務省は関知していない事になっているハズです。

つーか、小見山議員、本気で賞品買取の「違法/合法」の政府見解を求めたいなら、この質問の投げ方じゃダメでしょ。この質問主意書の背後には、当然、当該議員の支援者の方々が居るハズですが、その支援者の方々の為にも質問主意書の再チャレンジをお勧めしたいところです。

あわせて読みたい

「パチンコ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋本聖子氏 池江への発言が炎上

    女性自身

  2. 2

    お父さんは違憲? 安倍首相に疑義

    赤木智弘

  3. 3

    尾崎豊の名曲 歌詞が今さら物議

    キャリコネニュース

  4. 4

    QUEENフレディ 過剰歯は誤訳か

    大隅典子

  5. 5

    祝日の国旗は右翼的? 奇妙な日本

    メディアゴン

  6. 6

    よしのり氏&香山氏 アイヌを激論

    篠田博之

  7. 7

    京都大学がGW10連休を「無視」か

    川北英隆

  8. 8

    「月20万円でレクサス」は安いか

    NEWSポストセブン

  9. 9

    女性店員へのセクハラで逆転敗訴

    猪野 亨

  10. 10

    マイナンバーカードの普及は必須

    菅義偉

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。