記事

自民党リベラルは、ヒトラー・ユーゲントに排除されたのか?

わしは明日25日に、自民党のリベラル系若手議員が作った
「過去を学び『分厚い保守政治』を目指す若手議員の会」
勉強会に呼ばれていたのだが、それが急に中止になった。

その理由は「国会が空転しているため」と説明を受けていた。 

ところが今日の産経新聞に、安倍応援団の「文化芸術懇話会」
が明日25日に初会合をすると書かれている。

国会が空転しているときに、安倍応援団の勉強会は
初会合が行われ、百田尚樹が講演するという。

リベラル系の勉強会は、中止になったのに、なぜだ? 

安倍応援団の議員は、自分たちの役割をこう打ち明けている。

「首相の再選を拒む“邪魔者”の排除が懇話会の役割。
いわば首相の応援団だ」

まるでヒトラー・ユーゲントのような奴らだ。 

どうやらリベラル系の勉強会は、まさに安倍応援団にとって
“邪魔者”だったらしく、排除されてしまったようだ。

産経新聞には「リベラル系は退潮」と書いてある。 

リベラル系は「反安倍」のレッテル貼りを敬遠して、
会を重ねるごとに出席者が減少。

初会合に出席していた24人は、4回目の会合で16人に減り、
ついに明日の会合は中止に追い込まれてしまった。 

小選挙区制になって、首相とは違う考えの議員は
抵抗勢力と見られ、パージされてしまう恐れがある。

自民党内にはもう多様な意見は許されない
全体主義の空気が蔓延しているのだ。

安倍派でなければ議員でなし、という同調圧力が
強まっているのだろう。 

小林よしのりを呼ぶと、「反安倍」の烙印が押されると
言われ、勉強会を開いても一人も来ないという恐れも
あったのかもしれない。

いつか、あれが独裁政治の兆候だったと
言われる日が来るかもしれない。

誰が戦うか?誰がおもねるか?

よく見ておく必要があるだろう。

 

あわせて読みたい

「小林よしのり」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  2. 2

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  3. 3

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  4. 4

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  5. 5

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  6. 6

    ジョンソン英首相の心に響く手紙

    青山まさゆき

  7. 7

    英首相の容態安定 肺炎診断なし

    ロイター

  8. 8

    医療崩壊防ぐには軽症者解放せよ

    小林よしのり

  9. 9

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  10. 10

    「戦後最大の危機」安倍首相会見

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。