記事

米国のトランス脂肪酸“禁止” 日本が振り回される必要はない - 松永和紀 (科学ジャーナリスト)

2/2

飽和脂肪酸の摂取量増加は軽視できない

 日本人の死因の第1位は「悪性新生物(がん)」です。2014年は37万人が死亡したと推定されています。2位は心疾患。死亡の推定数はかなり減って19万6000人。冠動脈疾患の発症率は欧米の3分の1から5分の1と言われています。こうした状況から見ても、アメリカに比べてトランス脂肪酸規制の優先順位は、下がってくるのです。

 加えて、飽和脂肪酸問題があります。国内で、トランス脂肪酸を低減した製品で飽和脂肪酸含有量が増加するという「トレードオフ現象」が起きていることを、前回書きました。飽和脂肪酸も、冠動脈疾患のリスクを上げることが知られています。

 日本人はもともと、飽和脂肪酸の摂取量が多いのです。厚生労働省が策定する日本人の食生活の“バイブル”的存在の「日本人の食事摂取基準2015年版」によれば、日本人の飽和脂肪酸摂取量の中央値(多い順に並べてちょうど中央に位置する人の摂取量)の、総エネルギー摂取量に対する割合は、男性で6.6%、女性で7.6%です。

 食事摂取基準は、飽和脂肪酸の目標量を7%以下としています。女性では半数以上が、この基準を超えてしまっています。

 一方、食事摂取基準は、トランス脂肪酸については目標量を定めていません。「工業由来のトランス脂肪酸の最大摂取群は、最小摂取群に比較してCHDの相対危険が1.30倍であり、喫煙、糖尿病、高血圧症など他の主要な冠動脈疾患危険因子のオッズ比が日本人で3〜8 倍程度であることに比較すると、リスクはかなり小さい」と記述しています。栄養学の専門家は、日本人にとっては飽和脂肪酸の方が大きな問題である、と判断しているのです。

公衆政策は、コストとベネフィットの検討が必要

 トランス脂肪酸の規制について検討して来た消費者委員会も5月、「とりまとめ」を公表しました。企業による自主的な削減を求め、消費者への情報提供、脂質を過剰摂取しないバランスのよい食生活の推進等を強調しています。ただし、今後、トランス脂肪酸の摂取量に増加傾向が認められる場合は、トランス脂肪酸含有量の上限値の設定や表示の義務化などを検討するとの姿勢です。

 つまり、トランス脂肪酸にリスクはあるにせよ、日本人の摂取量は少なく、公衆政策の優先順位としては現状、高くない、という判断が大勢なのです。

 公衆への規制は、その効果とコストを天秤にかける必要があります。国が禁止したら、企業は代替法への切り替えコストを強制されます。国も、国民に普及啓発しなければならないし、本当に禁止措置が守られているか調べる必要も出てきます。禁止にはそれなりのコストがかかります。そのコストがかかっても、アメリカのように大きな見返りがあればいい。

 たしかに、トランス脂肪酸は日本人にとっても、摂取するメリットがなく、量を減らした方がいい物質です。しかし、現状の日本人大多数のトランス脂肪酸摂取量は少ない。国民全体に“禁止令”を出してごく一部いた高摂取の人が改善されたとしても、公衆政策として米国ほどの効果、利益が得られないのは確実です。

 結局、トランス脂肪酸対策に多額の国家予算を割くより、禁煙や高血圧、糖尿病などを防ぐ対策の方が、効果が高い。飽和脂肪酸が増えるのも心配。そこまで考えると、軽々しく「アメリカが禁止したのだから、日本も禁止」とは言えないし、その単純思考が国民にとって得策ではないことも、理解していただけることでしょう。

個人のマーガリン忌避は、意味がない

 では、個人の対策は?「平均値なんてどうでもいい。とにかく、私は子どもに有害な物質を食べさせたくない」と仰る方もいることでしょう。

 マーガリンや揚げ物、ケーキ等、目の敵にするのは個人の自由。でも、日本のマーガリン類は、トランス脂肪酸の含有量が大きく低減されています。たとえば、雪印のネオソフトは、トランス脂肪酸の含有量が製品10gあたり0.08g。熱量にするとわずか、0.72kcalです。1日に2000kcal摂取する人で、ネオソフト10gを食べたときの総エネルギー摂取量における割合は、0.04%です。日本生協連のコーンマーガリン10gのトランス脂肪酸含有量は、0.04gです。ネオソフトと同じように計算すると、総エネルギー摂取量における割合は、0.02%です。

 こんなものを目の敵にしても、なんの意味もないことは、お分かりですね。トランス脂肪酸が多いとして以前に問題視された食品は、マーガリンに限らずパンや菓子等も、低減が大きく進んでいます。これからも、進むでしょう。これは、企業の自主的な努力。なにせ、日本の企業は、消費者の批判にはめっぽう弱い。努力しています。

 非難するなら、今のデータで語らなくちゃダメ。でも、そうではない情報が残念ながら、とくにネットメディアにはあふれています。

 では、「トランス脂肪酸も飽和脂肪酸も怖い。だから、脂質抜きの生活に」と走る?それはまずい。脂質のなかには、人が摂取しなければいけない必須脂肪酸も多く含まれています。それに、脂質は重要なエネルギー源でもあります。日本人は、肥満の人がいる一方、栄養摂取が少なすぎる痩せ問題も深刻です。

結局、バランスのよい食生活の効率がいい

 トランス脂肪酸のみに注目するのではなく、バランスよく適度な量を食べる食生活に気を配る方が、トランス脂肪酸の低減だけでなく、飽和脂肪酸の摂り過ぎ防止もでき、肥満による生活習慣病、がんリスクの上昇なども防ぐことができます。一石二鳥どころか三鳥、四鳥。こちらの方が、圧倒的に効率がいい。国が盛んに「バランスよく適度な量を食べる食生活を」と呼びかけるのも、やっぱり国なりの計算があるのです。

 複雑な話をここまで読んでくださって、ありがとうございました。ああ、私も「トランス脂肪酸は危険、食べるなマーガリン!アメリカは規制したのに日本は野放し」とさらさらと書きたい。そうしたら、短時間で効率よく、アクセス数をバリバリ稼げるかも。

 でも、それはあまりにもダメダメの単純さなのです。いろいろ調べて、複雑なことはそのまま受け止めて考えましょうよ、と何度でも言いたい、書きたい、と思います。

(6月24日追加)

日本では今年4月、加工食品の容器包装における栄養成分表示(熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量)が義務化されました。ただし、5年間の猶予期間があります。このほか、将来の義務化を見越して、飽和脂肪酸と食物繊維の表示が推奨されています。トランス脂肪酸は、対象となっていません。

メーカー等の中には、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸含有量をウェブサイトで情報開示するところが出て来ています。参考文献に挙げた雪印メグミルク、日本生協連のほか、山崎製パン、神戸屋なども、主な製品の含有量を公開しています。

[参考文献]
・科学無視のトランス脂肪酸批判 思わぬ弊害が表面化 日本人への影響は?
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1932
・アメリカFDAニュースリリース The FDA takes step to remove artificial trans fats in processed foods
http://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm451237.htm
・アメリカFDA・GRAS
http://www.fda.gov/Food/IngredientsPackagingLabeling/GRAS/
・アメリカCDC(疾病予防管理センター)・Heart Disease Facts
http://www.cdc.gov/heartdisease/facts.htm
・食品安全委員会・食品に含まれるトランス脂肪酸の食品健康影響評価の状況について
http://www.fsc.go.jp/osirase/trans_fat.html
・農水省・トランス脂肪酸に関する情報
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/index.html
・雪印メグミルク(株) 「トランス脂肪酸、その他脂質成分について」
https://www.meg-snow.com/news/2014/pdf/20141001-920.pdf
・日本生活協同組合連合会・トランス脂肪酸問題についてのQ&A
http://jccu.coop/food-safety/qa/qa01_02.html

【関連記事】
科学無視のトランス脂肪酸批判 思わぬ弊害が表面化
うつ病の怪「悩める健康人」が薬漬けになった理由
マクドナルドの失敗が告げる「戦後モデル」の終わり(前篇)
「オヤジ自ら楽しむ」がトレンド?父の日のイベント&グッズ
不妊治療 「35歳の壁」働く女性の苦しい選択

あわせて読みたい

「食の安全」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。