記事

役員報酬開示企業調査 オリックス宮内元会長が54億円で歴代最高額

総合リースのオリックス(株)(東証1部、東京都港区)宮内義彦元代表執行役会長(現シニア・チェアマン)の2015年3月期の役員報酬額は54億7,000万円で、歴代の最高報酬額を更新した。今まで役員報酬の最高額はソフトバンク(株)(東証1部)ロナルド・フィッシャー取締役の17億9,100万円だったが、その報酬額を36億7,900万円上回った。

 宮内氏は2014年6月24日に役員を退任し、シニア・チェアマンに就任。報酬内訳は、固定報酬3,800万円、業績連動型報酬900万円、株式報酬9億5,300万円、功労金44億6,900万円で、長年の実績に対する功労金が役員報酬額の8割を占めている。また、役員報酬はオリックスからの報酬のみだった。

 オリックスは総合リース業界では国内首位。オートリースや保険などを幅広く手掛け、海外展開も積極的に行っている。2015年3月期連結決算は「リテール事業」や「海外事業」が伸びて、売上高は2兆1,742億円(前年同期1兆3,752億円)、純利益は過去最高の2,349億円となった。
 2015年3月期(単体)の売上高は5,357億6,100万円、当期純利益1,278億3,000万円。

  • ※2010年3月期決算から報酬等の総額、報酬等の種類別の総額を有価証券報告書に記載することが義務付けられた。

  • 画像を見る

    あわせて読みたい

    「役員報酬」の記事一覧へ

    トピックス

    ランキング

    1. 1

      「天皇謝罪で慰安婦解決」は大嘘

      MAG2 NEWS

    2. 2

      夕刊フジ「韓国一面祭り」のワケ

      文春オンライン

    3. 3

      反日姿勢に米の韓国離れが加速か

      MAG2 NEWS

    4. 4

      10連休で支障ない行政は給与泥棒

      川北英隆

    5. 5

      橋下氏 五輪相カンペ謝罪に指摘

      橋下徹

    6. 6

      五輪相の失言は全文読んでもダメ

      永江一石

    7. 7

      いきなりステーキ NYでなぜ苦戦?

      佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

    8. 8

      韓国の日本軽視 裏に存在感低下

      WEDGE Infinity

    9. 9

      エロ本排除を招いた出版社の失策

      文化通信特報版

    10. 10

      眞子さま 皇籍離脱して結婚も?

      NEWSポストセブン

    ランキング一覧

    ログイン

    ログインするアカウントをお選びください。
    以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

    コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

    ※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。