記事

EU首脳会議で移民対策協議へ、英国など国境警備強化

[ブリュッセル/ウィーン 24日 ロイター] - 25日の欧州連合(EU)首脳会議で急増する不法移民への対応策が話し合われるのを前に、欧州各国は独自の対策に乗り出している。

英国のキャメロン首相は24日、不法入国者の増加に対応するため、フランスのカレー港近くにある英仏国境の警備強化を検討していると表明した。

首相は議会で「ドーバー海峡のフランス側で、警備員や警察犬チームの増強を検討中だ」とし、「カレー港周辺だけでなく、ユーロスターやユーロトンネルの入り口付近にフェンスを設置することも考えている」と述べた。しかし、カレー市長からの批判を受け、フランスと緊密に連携する方針も示した。

EUの規則では、移民は最初に入国した加盟国で亡命申請する必要があり、他の加盟国に移動した場合は最初に入国した国に移送されることがある。

ハンガリーには今年に入りEU域外から6万1000人が入国。同国のオルバン首相は、入国者の急増にもはや対処できないとして、入国者の移送の中止を決めた。

これに対し、オーストリアのライトナー内相は「まったく受け入れられない」と述べ、移民が増えているハンガリー国境で入国審査を再び導入する可能性を排除しない考えを示した。

ハンガリー政府はオーストリアやほかのEU加盟国は本来ギリシャに移送すべき不法移民をハンガリーに移送しようとしていると反論。ギリシャが移民の他国への移動を見過ごしていると批判する。ハンガリーにバルカン諸国の国境を越えて入国する者の多くは中東出身者で、ギリシャからヨーロッパ大陸に上陸しているという。

欧州にはアフリカや中東から貧困や戦禍を逃れた難民が押し寄せている。今年4月、イタリアに向かう船に乗っていた移民800人あまりが溺死した問題を受け、EU首脳は移民への対応を迫られた。

ただ、イタリアにいるシリア人とエリトリア人2万4000人とギリシャからの1万6000人の受け入れを義務付ける欧州委員会の計画をめぐり、各国の意見は分かれている。

外交筋は首脳会議で各国が自発的な受け入れで譲歩する可能性があるとみる。ただ、経済的に余裕のない東欧諸国は提示された受け入れ人数に特に反発している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  4. 4

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  5. 5

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  6. 6

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  7. 7

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  8. 8

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。