記事

ギリシャ改革案、税収増の前提だけでは不十分=IMF専務理事

[アテネ 24日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、ギリシャは税収増だけに頼らない、信頼ある改革案を提示する必要があるとの考えを示した。24日発売の仏誌シャランジュに掲載されたインタビューで述べた。

専務理事は「税収増だけを見込んでプログラムを策定することはできない。過去5年、ほとんど結果が得られなかったからだ」と指摘した。

ギリシャのチプラス首相は、同国の年金制度が持続可能ではなく、改革が必要なことも十分認識しているとした。

またギリシャの経済回復には改革だけでなく、債権団が債務を持続可能にする措置を講じることも必要と述べた。

専務理事はまた、ギリシャがユーロ圏を離脱することは望んでいないとし、ユーロ圏が分裂するような事態は想定していないとした。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  5. 5

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  6. 6

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  7. 7

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  8. 8

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  9. 9

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  10. 10

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。