記事

総理へ3つの質問(その②)

【前回記事】
総理へ3つの質問(その①)

国際支援に続いて、防衛費に関して質問をしました。

現在、国会では、集団的自衛権の行使容認を盛り込んだ安保法案が審議されています。この法案が閣議決定された5月14日の会見で、安倍総理は、記者から質問に対して「一昨年末でありますが、中期防衛力整備計画を閣議決定をしておりますが、この中において、中期防衛力整備計画において5か年の防衛費の総額を既に明示をし、閣議決定をしているわけでございまして、いわばこの法制によって防衛費自体が増えていく、あるいは減っていくということはないということは申し上げておきたいと思います」と答えています。

これに対しては、新聞社や有識者から、安保法案が通れば自衛隊の役割が拡大するのだから、防衛費が増えていくのではないかという至極まっとうな指摘がされています。

ただ、確かに、既に中期防で総額を決めてしまっているのでその残りの期間、つまり3年半は変えないということはおかしくない話です。

しかし、その次の中期防で大幅に増やすということは十分ありえます。そこで、次の5年間も、今と同様に毎年実質0.8%程度の伸びぐらいに収まるという考えでよいのか、総理に質問しました。

その答弁は、「次の5年間を今示せと言われても、それは、この5年間が終わってその時々の安全保障環境をよく見ながら判断していくことになるわけで、今の段階でそれを予測してここで申し上げることはできない」というものでした。

ですが、今の中期防と同じ日に、防衛計画の指針となる防衛大綱が閣議決定されており、これは概ね10年ごとに見直されるものなので、次の中期防もそれに基づいて検討されると想定されます。その中では、海自で7隻の護衛艦や6隻の潜水艦を増やす、空自で航空機を20機増やすという具体的な計画が立てられています。そのため、今の時点で10年経過前に大綱を変更する考えがなければ、次の5年間の防衛費の大枠くらいは示すことができるはずです。それも出せないというのは非常に残念でした。

当たり前のことですが、政治家の仕事は2年先、3年先を考えるだけではダメです。一国のトップであれば尚更です。

今回の安保法制を語る上でも、単純に「現状の日本の安全保障環境が厳しくなってきているので、必要だ」という説明だけでは不十分で、「安保法案が通り、憲法改正が実現したら、10年後、20年後の日本はこうなっている。我々はこういう国を目指さなくてはいけない!」という、長期ビジョンを示してもらう必要があります。

このような議論が無く、ホルムズ海峡などの細かい話ばかりになってしまっているので、国民は理解できなくなってしまっているのではないでしょうか。

そうではなく、長期的視野を提示し、それを国民と共有することができれば、「次の5年の予算はこういう方向性で考えている」くらいは言えるようになる筈です。

今後、総理には、日本の行く末の明確なビジョンを国民に伝えて頂きたいと思います。我々日本を元気にする会も、それをベースに国民と話し合い、日本にとって何がベストなのかを導き出していきたいと考えています。



あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅息子のルックス批判、クラブや薬物への偏見を許すな ビートたけしは発言を撤回せよ

    常見陽平

    02月28日 10:10

  2. 2

    酒と泪と男とワセジョ。山田真貴子内閣広報官の経歴から感じたこと【超雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 09:37

  3. 3

    首相ぶら下がり、評判悪いわけ

    安倍宏行

    02月28日 06:52

  4. 4

    コロナを克服した世界はいずれ教訓を忘れてしまうのか

    ヒロ

    02月28日 10:57

  5. 5

    【ご報告】地域政党「あたらしい党」代表と、東京維新の会の副代表を辞任いたします

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 20:52

  6. 6

    「日本人は貧乏になった」その残酷な事実に気付かない人が多すぎる

    PRESIDENT Online

    02月28日 12:05

  7. 7

    林修の冠番組が相次ぎテコ入れ 内容が大きく変わったのはなぜか?

    NEWSポストセブン

    02月28日 07:33

  8. 8

    上野千鶴子「忖度も根回しもしてきた」組織で活躍する女性と孤立する女性の決定的な違い

    PRESIDENT Online

    02月28日 11:31

  9. 9

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  10. 10

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。