記事

「政府・与党は、自分に都合の悪いことには耳を塞ごうとする『裸の王様』状態だ 」枝野幹事長

画像を見る
枝野幹事長

 枝野幸男幹事長が24日午後、定例記者会見を国会内で開き、与野党国会対策委員長会談が開催された件について、「国会は正常化に入るとの報告を受けた。民主党としては、会期延長に至るプロセスは国会のルールに照らして受け入れがたいものだ。しかし一方、特に安全保障法制は審議すればするほど問題点が明らかになり、国民の否定的な世論も大きくなっている。そのなかで一定のけじめをつけさせて国会を正常化し、国会審議の中で問題点をさらに詰めていきたい」と述べた。

 また、特定秘密保護法の運用状況の報告書が22日の閣議で決定されたことについて、「報告書の中に、情報保全諮問会議の有識者意見が6項目付されている。いずれも国民に対して報告・説明する姿勢が充分ではないという指摘だ。つまり報告書自身で、報告書の内容が充分でないということを認めざるを得ないという内容だ。審議されている安保法制とも関係してくる。現状のままの運用で特定秘密保護法が使われて行くということでは到底、安保法制改正の前提条件がこの観点からも整っていない」と指摘した。

 加えて、「内閣法制局長官が憲法学者や法制局長官OBらと意見交換する会の廃止論が、政府・自民党内で出ているという報道がある。ほんとうなら、自分に都合の悪いことには耳を塞ごうとする姿勢と言わざるを得ない。『裸の王様』状態だということを象徴的に示している」と批判した。
 また、一部野党で安保法制の修正案が検討されていることについて記者団から問われた枝野幹事長は、「政府が11本の法案を2本にまとめて提出していることが問われている。11本の中には民主党も必要だと思っている部分も、若干の修正をすればよいという部分もある。政府の法案の出し方に問題があり、法案は整理して(政府が)出し直すべきだ」と述べた。

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ダンボール箱2個に現金1億1400万円 匿名の寄付金に感謝

    笹川陽平

    11月30日 09:14

  2. 2

    岸田首相の決心を高く評価します そして日本の今の状況で政府は何をすべきか

    中村ゆきつぐ

    11月30日 09:12

  3. 3

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  4. 4

    前代未聞のスピードでオミクロン株対策を実行 岸田首相が発揮した鋭さ

    早川忠孝

    11月29日 16:06

  5. 5

    東京都内の衆議院議員が5名増える!次回の衆院選は「10増10減」決定へ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月30日 09:53

  6. 6

    立憲民主党の新代表に泉健太氏を選出 決選投票で逢坂誠二氏を破る

    ABEMA TIMES

    11月30日 15:18

  7. 7

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  8. 8

    さて、立憲民主党は泉健太新代表の下で生まれ変わるかな?

    早川忠孝

    11月30日 15:54

  9. 9

    40代のシングルマザーが離婚後に学習塾へ通い始めた理由とは

    工藤まおり

    11月30日 10:06

  10. 10

    秋篠宮さま、眞子さんの結婚儀式「行うのが適当だった」

    ABEMA TIMES

    11月30日 09:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。