記事

さもしいアップルは、ことコンテンツとなると、なにをやらせてもダメ Netflixのツメのアカを煎じて飲め!

当代きってのベンチャー・キャピタリストで、ネットの未来に関する深い洞察で知られているユニオン・スクエア・ベンチャーズのフレッド・ウィルソンに言わせれば「アップルの本質は、いまだにハードウェアの会社の域を出ていない」そうです。

僕はそこまで言う気は無いけれど、ことコンテンツという問題になるとアップルの度重なる失策は目を覆わんばかりです。

eブックの談合問題ではアップルの底意地の悪さだけが印象に残ったし、TVの試みは不発に終わったと言って良いでしょう。そして今度はミュージック・ストリーミングでのチョンボです。

アップルがこのサービスに無料期間を設けているということは、後発としての苦しい立場を認めているに他なりません。実際、ストリーミングではパンドラやスポッティファイの後塵を拝しています。

ところがアーチストに対しては、無料期間のロイヤリティーは支払わないという、高飛車な態度に出ているわけです。ユーザーに対する、へこへこした態度との対比は、コミカルですらあります。

翻ってストリーミング・サービスの先輩であるNetflixを見ると、最近、独自のコンテンツ作成に力を入れており、脚本家や俳優の立場からすれば、これまでの映画会社やケーブル会社とは別の、新しい仕事の機会を提供しています。つまりネットフリックスはアーチストたちにとって自分たちの価値を押し上げる、ポジティブな存在なのです。

だからネットフリックスの悪口を言う俳優は居ません。

これに対してアップルは、アーチストと二人三脚で、これまでに無かったような新しい表現の場、訴求の方法、アーチストの収益機会の多角化などを創造するという発想は無いのです。

そこにあるのは(自分たちこそがプラットフォームを支配しているのだ)という、威嚇的な態度です。

それは、まるでロックフェラーのスタンダード石油みたいな容赦ない収奪の発想です。

リンク先を見る

アップルくらい資本力があれば、ちょうど今、ネットフリックスがやっているみたいに音楽業界におカネをばらまいて、「アップルのストリーミング・サービスでしか聞けない、ここだけのプレミアム・サービス」をアーチストとの協働により創造することもできたはず。

歌姫に噛み付かれて、醜態さらす羽目に陥ったのは、いつもの事ながら、自業自得。

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  8. 8

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。