記事

地方創生関連2法 雇用を創出し人口流出止めよ

地域活性化策を盛り込んだ改正地域再生法と第5次地方分権一括法が19日成立した。

人口減少や東京一極集中の是正のため、国による総合戦略の策定などを定めた「まち・ひと・しごと創生法」(昨年11月成立)に続き、地方創生の実現を加速化させるための関連2法である。多くの自治体では、地方版総合戦略の策定に向けた議論が本格化している。地方創生関連2法の支援メニューを積極的に取り入れた戦略を練ってもらいたい。

地方の若者が、仕事を求めて都市部へ流出する動きがなかなか止まらない。これによって、地域の活力はますます奪われ、人口減少に拍車を掛けている。悪循環を食い止めるには、若者が安心して働くことができる雇用の場の創出を急がなければならない。

そこで、改正地域再生法は、企業が東京23区から地方にオフィスを移転したり、地方にある企業の本社機能を強化した場合に、法人税を軽減する特例措置を盛り込んでいる。雇用を増やした場合、納税額を減らす「税額控除」の支援措置も設ける。

一部の企業には早速、この税制優遇の活用を検討する動きもあり、企業の地方進出に弾みを付けていきたい。

自治体の中には、本社機能を拡充する企業に対して、独自の補助金制度やオフィス賃料を助成する制度を創設しているところもある。企業が地方への魅力を感じられるような創意工夫が一段と求められよう。

一方、国の事務や権限を自治体に移すことを促す第5次地方分権一括法にも、企業を呼び込むことにつながる権限移譲が明記されている。

例えば、4ヘクタールを超える大規模農地の転用をする場合、これまでは国の許可が必要だったが、国と協議の上で都道府県が許可できるようになる。国の判断に時間がかかり、企業誘致などに支障が出ていた課題が解消されると期待されている。

円高の是正などを背景に、海外に生産拠点を移していた製造業が、国内回帰を探る傾向が目立ってきている。地方にとっては追い風になろう。

この地方創生関連2法を活用し、人と企業の流れを変える契機としていきたい。

あわせて読みたい

「地方創生」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  4. 4

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  5. 5

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  6. 6

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  7. 7

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  8. 8

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。