記事

関西で激化するコンビニ戦争

コンビニ間の競争は、超目玉商品の価格競争で顧客争奪戦を派手にしかけるスーパーの競争と違ってコンビニ間の競争は静かで、なかなか気が付きません。しかし現実には店舗の存続すら賭けるような熾烈な競争が展開されています。そんなコンビニ間戦争が鮮明に見えてくるのが関西です。

ローソンの発祥の地が関西ということもあって、西日本はローソンが地域トップの府県が多いのですが、とくに関西は関東圏に次ぐ市場で、そこをセブン-イレブンが攻略したいと考えるのは自然です。実際この数年、ローソンのすぐ近くにセブン-イレブンの新店が建つことが目立って増えてきています。

コンビニではセブン-イレブン一人勝ちで、売上シェアで見ると2005年の33.6%から2014年には41%とシェアを伸ばしてきています。とくに2010年以降に『近くで便利』を掲げ店舗数を拡大してきたことが効を奏し、直近の5年間で5.6%もシェアアップしていますが、さらに国内で売上を伸ばそうとすると、関西での出店増、シェアアップをセブン-イレブンが狙っても当然です。

画像を見る
コンビニ勢力図 [ 2015年 ]|新・都道府県別統計とランキングで見る県民性

これまでも、関西攻略を実に見事にセブン-イレブンは進めてきました。最初は周辺部にぽつぽつと店ができ周辺部を攻略すると、次に中心部にも進出し、やがて中心部を攻め落とすというランチェスターの法則を絵に描いたような出店戦略でした。いよいよ仕上げに入ってきたということでしょう。

ローソンにとっては、個店の稼ぐ力、日販で差がついた状態のままでは、この競争に負けます。2014年のローソンの平均日販は53.3万円ですが、セブン-イレブンは65.5万円です。もしローソンとセブン-イレブンの店が隣接すれば、その差が蓄積されていき、やがてはローソンの店は閉鎖に追い込まれるということもありえます。実際、そんな静かな戦争が現実に起こってきているのです。
セブン、圧倒的強さの秘密 潰し合い突入のコンビニ業界、大きな差を生む「個店の稼ぐ力」 | ビジネスジャーナル

ローソンにとっては、個店の稼ぐ力、日販の格差をなくさないとこの攻防は極めて厳しくなってきます。 この稼ぐ力で差がでるのは、日経の『記者の目』の特集で書かれているように、「大半は夕方、夜間に生まれている」のだと思います。
結局は、コンビニの集客力で違いがもっともでてくる、お弁当や惣菜などの日配商品でローソンはオーナーが商品廃棄による費用負担を恐れて発注を控えてしまい、夕方から夜は欠品が増え、機会ロスしてしまっているのです。
ローソン、四十にして「もがき続ける」 :日本経済新聞

その差が生まれるのは、情報システムの違いによるところも大きく、ローソンは今期からデータ分析に基づいた半自動の発注システムを導入します。それでセブン-イレブンからの攻勢に備えようとしています。

片や関西におけるセブン-イレブンの弱みは「味」です。関西の店舗の売上高が2年ほど前から伸び悩み始めているようですが、その原因は弁当や惣菜などの味が関西の嗜好に合っていないからです。実際、関東では他のコンビニと較べてセブン-イレブンのほうが美味しいと感じますが、関西では決してそうではありません。今ひとつ物足りなさを感じてしまいます。
 それでは出店しても、ローソンと勝負がつかず、立地のいいほうが勝ちます。SankeiBizによると、そんなこともあって、セブン-イレブンは関西の「だし文化」にあった商品開発を強化しはじめているそうです。
関西でローソンに勝ちたいセブン 「だしが命」こだわり商品開発戦略 (1/4ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

ローソンは、新浪前社長がサントリーに移られ、玉塚社長が指揮を執られるようになって、eコマースでの、アマゾンや佐川などとの提携、システムではクラウドへの以降、さらにセミ自動受発注システム導入、一般用医薬品(市販薬)を扱う店舗を現在の約100店から1000店以上に拡大する方針を掲げるなど、地に足がついた改革を積極的に進められている印象を受けます。

ローソンがセブン-イレブンの後追いでドーナツを売り始めたことに触れ、夏目剛さんがちょっと残念な施策で、だから"万年2番手"を脱せないのではないかとご指摘ですが、そうかもしれないとしても、水面下のオペレーションで起こっているコンビニ戦争のほうが面白いのじゃないかと感じます。というかミスタードーナッツのものまねでしかないことをやるセブン-イレブンにも死角ありということでしょうか。
だからローソンは"万年2番手"を脱せない | 夏野剛のググっても絶対出ないハナシ | 東洋経済オンライン |

あわせて読みたい

「コンビニ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    パックンにみる小室圭騒動のワイドショーコメンテーターの忖度

    メディアゴン

    10月27日 10:33

  2. 2

    台湾危機に巻き込まれざるを得ない日本 対習近平戦略から考える日本の安全保障政策

    宇佐美典也

    10月27日 12:00

  3. 3

    日本の本当の財政事情を知らない? 財政均衡にこだわるリベラル勢力

    マガジン9

    10月27日 14:23

  4. 4

    好きな人と結婚するだけなのに…日本人が「小室さんバッシング」に熱狂する根本原因

    PRESIDENT Online

    10月26日 11:22

  5. 5

    「女性候補が少ないのは女性のせいなのか」日本で女性議員が増えない本当の理由

    PRESIDENT Online

    10月27日 15:15

  6. 6

    維新大躍進の予想 背景には庶民感覚を失った公明と共産の存在

    田中龍作

    10月27日 10:28

  7. 7

    菅直人氏の発言「民主党政権の時代に高校無償化まで実現。現在も無償化」は“不正確”

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    10月27日 16:19

  8. 8

    作家・羽田圭介が「貯金なんかせず好きなことに使え」と言い切る理由

    PRESIDENT Online

    10月27日 14:21

  9. 9

    入試改革はなぜ失敗?「誰でも語れる」から迷走する教育政策の厄介さ

    物江 潤

    10月27日 13:15

  10. 10

    どうなる衆院選!?前代未聞のコロナ禍で100年に1度の選挙となるか

    毒蝮三太夫

    10月27日 09:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。