記事

違憲合憲の入口論は無意味

集団的自衛権について、違憲だ合憲だと入口の議論をやっていますが、合憲であるのは明白な事実です。

国家の自然権、基本権として、集団的であろうと個別的であろうと自衛権が存在するのは国際法上当然のこと。

昭和22年(1947年)には、外務省西村条約局長が中曽根康弘衆議院議員に対する答弁で、集団的自衛権は国家の基本権であることを認めています。

これに対し、昭和47年(1972年)の政府見解では、「集団的自衛権は保有するけれども行使せず」と、キャップをかぶせ制限したわけです。

この制限を、去年の政府見解は外したわけです。
本来できるものへの制限を外して適正化したわけで、何もないところから集団的自衛権を行使できるようにしたわけではありません。

その点に触れない議論は、恣意的に行われていると捉えるしかありません。

国家を守り国民の命を守るためにどうするか。本質的な議論をしなくてはなりません。

あわせて読みたい

「集団的自衛権」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「天皇謝罪で慰安婦解決」は大嘘

    MAG2 NEWS

  2. 2

    京都大学がGW10連休を「無視」か

    川北英隆

  3. 3

    夕刊フジ「韓国一面祭り」のワケ

    文春オンライン

  4. 4

    反日姿勢に米の韓国離れが加速か

    MAG2 NEWS

  5. 5

    10連休で支障ない行政は給与泥棒

    川北英隆

  6. 6

    ハイチュウ 米国大ヒットの軌跡

    PRESIDENT Online

  7. 7

    日本=悪者 韓国のフェイク教育

    NEWSポストセブン

  8. 8

    コメ生産で日本の技術求める中国

    WEDGE Infinity

  9. 9

    橋下氏 五輪相カンペ謝罪に指摘

    橋下徹

  10. 10

    韓国の日本軽視 裏に存在感低下

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。