記事

安保法制に女性たちが各地で反対

昨日20日、安全保障関連法案に対して、女性たちが、各地で、反対の声をあげました。

東京では、午後、国会周辺で、「怒り」を表した赤い色のスカーフや洋服などをつけた女性たちが、人間の鎖を作りました。

安保法案への反対の行動を起こしている、女の平和6・20国会ヒューマンチェーンで、学者や弁護士などの実行委員会が、会期末の国会周辺で企画し、約1万5千人が集まった、と主催者側から発表されています。

この実行委員会が、フェイスブックに流した抗議行動の情報から、各地に広がった、と報じられています。

大阪市の御堂杉では、赤い風船を持った女性たち約200人が、赤い横断幕を掲げて歩いた、ということです。

名古屋では約150人、長崎市では100人余りの女性が参加しました。

小さい子どもを連れた女性も、子どもたちのためにも戦争のある未来にしたくないので反対の意思を伝えたい、と語っていたそうです。

男女ともに、平和を願う気持ちは持っていると思いますが、命を産み育てる女性たちの声は、切実で、重いものだと思います。

丁寧に説明するはずの安倍総理は、先日の党首討論で、集団的自衛権を行使できる「存立危機事態」米軍などを後方支援できる「重要影響事態」について、民主党の岡田代表が質したのに対して、「政策的な中身をさらすことになる。

いちいち全てを述べるような海外のリーダーはほとんどいない」と答えています。

自衛隊による海外での武力行使が、政府の裁量で広がるという疑問が、さらに深まりました。

これでは、法案は、その時の内閣に、武力行使をするかどうか、憲法違反になるかどうかの判断を丸投げしていることになり、そのようなことをしている国は、ないと思います。

会期を大幅に延長して、この国会で成立させようと政府与党は考えていますが、国民、特に女性たちの怒りをかうことになるのは、明らかだと思います。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  3. 3

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  4. 4

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  5. 5

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  6. 6

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  9. 9

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  10. 10

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。