記事

2015/06/19 樋口陽一氏「この国の今と未来にもう一度自信を持ちました」 雨の国会前に若者ら2500人が集結! 〜6.19 SEALDs主催「戦争立法」反対抗議

 雨のなか、国会前に「戦争反対」のコールがこだました。2015年6月19日、3回目をむかえた「戦争立法」阻止の金曜行動には、2500人の若者らが集結。前回の参加者数1000人を大幅に上回り、報道陣も多く詰めかけるなか、若者が一人ひとりスピーチした。抗議は学生を中心とした有志からなる「SEALDs(シールズ)」主催で行われた。

 大学4年生のわかこさんは、自分の知り合いも入っている自衛隊が、「後方支援」という「てきとうな」名前をつけられて戦地に向かわなければならないことを批判。「私の知らないところで、目や髪の色の違う人を、日本人の一人として殺めてしまうかもしれない」と痛切に訴えた。そして毎週、国会前のデモに参加する理由をこう語った。

 「私は毎日学校に行ったり、朝までクラブに行ったり、友達と遊んだり、親と喧嘩してみたり、デートに行ったりするのが大事なんです。そういうものを勝手に、『立憲主義もわかりません』という政権に奪われたくないんです。私は私の未来を自分で作っていきたいから、これからもこうやって声をあげていきます」

画像を見る

「戦争反対」のコールをするわかこさん

  • 記事目次
  • 憲法学者・樋口陽一氏「不真面目な人たちによって、戦後日本が解体される瀬戸際にある」
  • 大学2年生女子「日本が戦争をする国になるか、しない国になるかの境目」
  • 自衛隊を戦地に派遣することが日本にとっての「存立危機事態」では?
  • 「安倍総理の米演説こそ売国的行為ではないか」

【国会前抗議の5分半ハイライト動画はこちら】

【3チャンネルの動画全編は以下】

■Ch4(19:14~ 2時間25分) 抗議行動メインCh
 http://www.ustream.tv/recorded/64178634

35分~ 澤地久枝氏/1時間12分~ 堀尾輝久氏/1時間34分~ わかこさん/1時間47分~ 樋口陽一氏
  • スピーチ 澤地久枝氏(ノンフィクション作家)/堀尾輝久氏(東京大学名誉教授、教育学)/わかこさん/樋口陽一氏(東京大学名誉教授、日本学士院会員、憲法学)ほか

■Ch6(19:58~ 1時間50分) 芹沢記者レポート&インタビュー
 http://www.ustream.tv/recorded/64180920

1時間24分~ のどかさん/1時間45分~ 紅子さん

■Ch1 岩上安身レポート
・1/2(19:50~ 18分間)
 http://www.ustream.tv/recorded/64180436
・2/2(20:09~ 8分間)
 http://www.ustream.tv/recorded/64181445

  • 日時 2015年6月19日(金)19:30〜21:30
  • 場所 国会議事堂正門前北庭側(東京・永田町)
  • 主催 SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)

憲法学者・樋口陽一氏「不真面目な人たちによって、戦後日本が解体される瀬戸際にある」

 抗議には、憲法学の権威である樋口陽一・東大名誉教授も姿を見せた。冒頭、「この国の今と未来にもう一度自信を持ちました」と語った樋口氏は、若者たちに語りかけるようにスピーチした。

 「憲法第9条について色々と議論はあるでしょう、しかし私は率直に、「今権力を持っている人たち」に9条に手を付けさせてはいけない。(彼らは)立憲主義という言葉を知らなかったんですよ」

画像を見る

スピーチをする樋口陽一氏

 さらに樋口氏は、安倍総理が2005年の雑誌対談で「米国が広島、長崎に原爆を投下した後に、ポツダム宣言を出してきた」と語り、基本的な歴史の時系列を誤って認識していることを紹介。「人間として、あまりに不真面目だ」と断じた。

 そのうえで樋口氏は、「ポツダム宣言は7月26日に発せられ、広島の原爆は8月6日に投下された。この11日間をいたずらに過ごしてしまったがために、米国に『非人道的な』原爆投下について『この戦争を終わらせるのに必要なんだ』という不当な弁明を与えてしまった」と指摘した。

 そして、「そういう不真面目な人たちによって、戦後日本が受け継いできたものを解体される瀬戸際にある」と厳しい口調で訴えた。

【関連記事】
2015/06/06 「安保法案=違憲」関心抱く市民で溢れかえった会場 「立憲主義の危機」シンポジウム、憲法学者らが安倍政治の「非立憲性」に切り込む

大学2年生女子「日本が戦争をする国になるか、しない国になるかの境目」

 「戦争反対」「憲法守れ」というシュプレヒコールの合間には、他にも多くの若者がスピーチを行った。

 友人に「デモなんかに参加しないで平和に行こうよ」と言われたという大学2年生の伊勢桃李さんは、それでも電車賃をかけて毎週国会前に集まる理由として、「日本が戦争をする国になるか、しない国になるかの境目だからです」と訴えた。

 「この安保法制が通れば、後方支援、武器使用ができるようになります。これが日本が求める平和ですか? 安倍総理は私たちを家畜だとでも思っているのでしょうか?私は人が殺し合う未来なんて欲しくありません。だから私は止めるために闘います。私は安保法制に反対します」

 伊勢さんによると、最近は自身のまわりで「安保法制って恐いよね」「危ないよね」と言う人が増えているという。

画像を見る

駆けつけた報道陣は前回の倍以上だった

自衛隊を戦地に派遣することが日本にとっての「存立危機事態」では?

 続いてスピーチに立った大学院生の千葉泰真さんは、「安倍政権は戦後最悪にして最も愚かな政権です」と厳しく批判した。

 「戦争という行為は、勝っても負けても政治の失敗でしかありません。存在しない危機事態を創造し、存立危機事態なるものがあるから自衛隊を海外の戦地に派遣する。何ですかそれば、逆でしょう。自衛隊を戦地に派遣することが、日本にとって危険な事態を作り出すんじゃないんですか」

 安倍政権の掲げる「存立危機事態」という言葉の欺瞞を指摘した千葉さんは、最後にこう続けた。

 「安倍総理が積極的平和主義なるものは再軍備化です。戦後レジームからの脱却なるものは、戦前回帰です。この流れの先に待っているのは、戦争という国家による殺人です」

画像を見る

シュプレヒコールをあげる紅子さん

画像を見る

抗議には2500人が集結し、声を上げた

「安倍総理の米演説こそ売国的行為ではないか」

 抗議では他に、教育学者の堀尾輝久・東大名誉教授と、ノンフィクション作家の澤地久枝氏もマイクを握った。

 堀尾氏は「今、戦前に近い状況になっている」としたうえで、「この法案に賛成する人には、『良い戦争』と『悪い戦争』を区別するという認識がある」と指摘し、危機感を露にした。

 早稲田の大学生の時に朝鮮戦争が始まったという澤地氏は、その当時、マッカーサー元帥の要請により警察予備隊が発足し、後に自衛隊となったことを指摘。「最初から憲法違反だった」と語った。

 そして、国民にはかることなく閣議で解釈改憲を行い、国民に相談もせずに、安保法制の成立を米国で勝手に約束してしまった安倍総理について、「私は右翼から売国奴とよく言われるが、あれこそ売国的な行為ではないでしょうか」と批判した。

 若者たちによる国会前抗議は、毎週金曜日の夜に行われる。最近では、大人や年配の人の姿も増え、その規模は着実に膨れ上がっている。

(取材:岩上安身、芹沢あんず、川島安乃、沼沢純矢、写真:原佑介、記事:佐々木隼也)

画像を見る

■関連記事

■岩上安身インタビュー関連記事

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「天皇謝罪で慰安婦解決」は大嘘

    MAG2 NEWS

  2. 2

    京都大学がGW10連休を「無視」か

    川北英隆

  3. 3

    夕刊フジ「韓国一面祭り」のワケ

    文春オンライン

  4. 4

    反日姿勢に米の韓国離れが加速か

    MAG2 NEWS

  5. 5

    ハイチュウ 米国大ヒットの軌跡

    PRESIDENT Online

  6. 6

    日本=悪者 韓国のフェイク教育

    NEWSポストセブン

  7. 7

    10連休で支障ない行政は給与泥棒

    川北英隆

  8. 8

    コメ生産で日本の技術求める中国

    WEDGE Infinity

  9. 9

    橋下氏 五輪相カンペ謝罪に指摘

    橋下徹

  10. 10

    韓国の日本軽視 裏に存在感低下

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。