記事

生涯派遣法案が衆院通過した

どうも分からない。

派遣法改正案が衆院を通過した。

本当にこれが「保守」の政策なのだろうか?

3年ごとに派遣社員をとっかえひっかえしていれば人件費は抑えられる。

ひたすら企業側に得な法案を通している。

生涯、派遣の者も増えて、ますます結婚できない、子供も育てられない、少子化促進法案みたいなものだ

会社にとって必要不可欠な人材になるように、社員を育て上げる気がないのが不思議だ。

わしも超小規模だが人を雇っているが、全員正社員にして厳しく教育して、アメとムチを使い分けながら働かせ、わが社にとって必要不可欠な社員に育て上げてきた。

ボーナス出す社員と、出さない社員がいると、社長のわしの方が居心地悪い。

だからバイトだった者も、正社員になるよう説得してきた。

社員が結婚し、家族を持つようになればなるほど、社長さまの肩の荷は重くなる。

仕事が減ったら、ひょいと解雇して、仕事が増えたら、また派遣で雇った方が楽に決まっている。

だがそれは「保守」じゃないんじゃないか?

守るべきものを作らなければならないんじゃないか?

自民党よ、そう思わないか?

あわせて読みたい

「労働者派遣法」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。