記事

米国株が反落、ギリシャの返済期限迫る

[ニューヨーク 19日 ロイター] - 19日の米国株式市場は反落して取引を終えた。ギリシャのユーロ圏残留の可否を決めるかもしれない欧州連合(EU)首脳会議を22日に控え、投資家は慎重になっている。

ダウ工業株30種平均<.DJI>は99.89ドル(0.55%)安の1万8015.95ドルで取引を終えた。S&P総合500種指数<.SPX>は11.25ポイント(0.53%)安の2109.99、ナスダック総合指数<.IXIC>は15.95ポイント(0.31%)安の5117.00だった。

週間では、ダウが約0.6%、S&Pは約0.7%、前日に終値の過去最高値をつけたナスダックは約1.3%とそれぞれプラスだった。

ギリシャの銀行からの預金流出は今週、約42億ユーロに達し、欧州中央銀行(ECB)は緊急流動性支援を強化した。EU加盟国の首脳は22日の夜、ギリシャ支援再開について土壇場の合意を目指す。

1株20ドルで新規株式公開(IPO)した太陽光エネルギーを手がける8ポイント3エネルギー・パートナーズ<CAFD.O>は2.4%安の20.49ドルで取引を終えた。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所が下げ1788で上げ1257(比率は1.42対1)だった。ナスダックは下げ1557で上げ1254(1.24対1)だった。

BATSグローバル・マーケッツによると、米取引所の合算出来高は約79億株で、今月に入っての1日平均の60億3000万株を上回った。

(カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>

終値         18015.95(‐99.89)

前営業日終値    18115.84(+180.10)

ナスダック総合<.IXIC>

終値         5117.00(‐15.95)

前営業日終値    5132.95(+68.07)

S&P総合500種<.SPX>

終値         2109.99(‐11.25)

前営業日終値    2121.24(+20.80)

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。