記事

政府「骨太の方針」

骨太の方針は、次年度の予算編成に大きな影響を及ぼすとりまとめで、ここに沖縄県が求める主要政策が明記されなければ、予算編成時の予算配分に参加できないといっても過言ではありません。

今回、自民党「西普天間基地跡地における国際医療拠点化等推進小委員会(委員長 山本一太)」において提言書をまとめ、官房長官をはじめとする関係省庁に、骨太の方針に盛り込むよう要請しました。

その前に、自民党として沖縄県・宜野湾市・琉球大学からも要請を受け、その内容も、十分に反映させたところです。

官房長官より前向きな回答もあり、大変良い感触でした。

さあ、これから予算取りの本番です。

県民生活を更に良くするために必要な予算。

その予算を取るための厳しい戦いに気を引きしめて頑張りたいと思います。

画像を見る


画像を見る


画像を見る


西普天間基地跡地における
国際医療拠点化等の推進について

平成27年6月16日

自 由 民 主 党 政 務 調 査 会


 今年3月末に返還された西普天間住宅地区における国際医療拠点の形成については、同事業が地元の宜野湾市の街づくりにとって大きな意義を持つことはもとより、今後の沖縄における駐留軍用地跡地利用のモデルケースとなり、日米連携を一層高める取組でもある。

また、その成功が「強く自立した沖縄」の実現に直結し、県民福祉の増進にとどまらず、沖縄振興はもとよりわが国全体の経済活性化につながる極めて重要な取組であることから、これまで、与党と政府が一体となって強力に推進してきた。

沖縄振興調査会・西普天間基地跡地における国際医療拠点化等推進小委員会は、平成25年10月に調査会に設置されたワーキングチーム(座長:島尻安伊子参議院議員)による「西普天間基地跡地振興についての提言」(平成26年6月)をもとに、この取組を加速化させるため、さらに検討を進め、このたび、その結果を下記のとおりとりまとめたところである。

                                           記

一. 国際医療拠点の形成は、「健康」をコンセプトとする街づくりを進め、「健康長寿沖縄」を再生・発展させるとともに、グローバルな健康医療戦略において大きな役割を果たすという視点も重要である。


このため、地域医療水準を向上させるとともに、収益性を十分に考慮しつつ、日本のみならずアジアの中心となる高度な医療機能・研究機能の導入、医療関連産業等の創出、振興を図る取組とする。


その際、沖縄の地理的・歴史的特性等を十分に活かし、既存の医療基盤や、沖縄科学技術大学院大学を始めとする、これまで積み上げてきた沖縄振興の取組と有機的に連携させるとともに、国際医療拠点にふさわしい水準の確保のため、必要があれば特区制度等の活用も検討しながら進めることとする。


また、普天間高校の移設を核とする人材育成拠点ゾーンとの連携も図ることとする。

一. 国際医療拠点の形成に向けて、内閣府を中心に関係省庁・機関の密接な連携のもとで検討を進めるとともに、必要な予算の着実な確保を目指す。

また、琉球大学医学部及び同附属病院の移設を含めた高度医療・研究機能の拡充を始めとする具体的な取組については、地元の要望を十分に踏まえつつ、関係府省・機関において必要な支援を検討する。

OHMIC構想については、引き続きその実現に向け検討を深める。

一. 当面の重要課題である支障除去措置の速やかな実施により、可能な限り迅速に地権者への引渡しを行うとともに、文化財調査等の円滑な推進、土地区画整理事業に向けた早期の合意形成により、跡地利用の具体的な取組の迅速化を図る。

一. 跡地利用特措法に基づく国の取組方針については、宜野湾市が策定する跡地利用計画を踏まえて策定する。また、沖縄県の策定する総合整備計画が同方針と調和が保たれたものとなるよう、必要な連携を図る。

一. インダストリアル・コリドー南側部分の早期返還を引き続き求めるとともに、返還前においても、同地区内を通る国道58号への暫定的なアクセス道路を確保する必要がある。

沖縄振興調査会


「西普天間基地跡地における国際医療拠点化等推進小委員会」


顧問        小野寺五典   渡海紀三朗   額賀福志郎   細田 博之  
           宮腰 光寛    猪口 邦子   小坂 憲次


小委員長     山本 一太


小委員長代理  島尻安伊子


副委員長     坂本 哲志   福井  照  松本  純  古川 俊治


幹  事      國場幸之助   比嘉奈津美  宮﨑 政久


事務局長     橘 慶一郎


事務局長代理  木原 誠二

あわせて読みたい

「骨太の方針」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 慰安婦像は不可侵か

    小林よしのり

  2. 2

    橋下氏 百田氏の方が反日本人的

    橋下徹

  3. 3

    ガンダムOVAは原作準拠の劇中劇

    上伊由毘男

  4. 4

    謝罪なく逃走の津田大介氏に呆れ

    やまもといちろう

  5. 5

    冷房つけぬ実家 帰省拒否に共感

    キャリコネニュース

  6. 6

    陛下と対照的な安倍首相の式辞

    小宮山洋子

  7. 7

    文在寅氏にゴマする愚かな韓国紙

    団藤保晴

  8. 8

    慰安婦問題が脅かす欧米の正統性

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    N国立花氏の戦略は「つたない」

    早川忠孝

  10. 10

    安倍首相の飛翔体巡る対応に苦言

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。