記事

スペイン国債利回り低下、ギリシャ波乱要因=ユーロ圏市場

[ロンドン 18日 ロイター] - 18日のユーロ圏金融・債券市場は、スペイン国債がイタリア国債をアウトパフォームした。ギリシャ債務危機が引き続き相場を揺らす中、スペイン国債入札に堅調な需要が集まった。

スペイン10年債利回り<ES10YT=TWEB>が5ベーシスポイント(bp)低下して2.26%。イタリア10年債利回り<IT10YT=TWEB>は2.4bp低下して2.27%。

ポルトガル10年債利回り<PT10YT=TWEB>も6.6bp下がって3.12%。

スペインは3種類の国債入札を行い、計35億ユーロを調達した。財務省目標レンジの上限だ。

2018年4月償還債入札は平均利回りが0.655%。応札倍率は3.5倍、前回入札は2.3倍だった。5年債の応札倍率は3.8倍となった。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・スタメンコビック氏は「スペイン国債入札の非常に良好な結果が好感され、相場の追い風となった」と分析する。

ギリシャ10年債の利回り<GR10YT=TWEB>はほぼ横ばいの13%。

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)が開催されたものの、ギリシャのチプラス首相は、年金削減に否定的な見解を表明、事態打開がほぼ見通せなくなったとの見方が出ている。

また、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事が、ギリシャが資金を返済しなければ、債務不履行(デフォルト)状態になるとの見解を示した。

IHSグローバル・インサイトのシニアエコノミスト、ディエゴ・イスカロ氏は「協議結果をめぐって不透明感が高まり、とりわけ南部周辺国に圧力が掛かり、ユーロ圏金融市場の変動が大きくなるだろう」と見通す。

ドイツ10年債利回り<DE10YT=TWEB>は0.8%と、低下幅が1bpを下回った。米連邦準備理事会(FRB)が17日、経済成長やフェデラルファンド(FF)金利水準の見通しを引き下げたことを受け、一時は0.728%まで低下した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  7. 7

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  8. 8

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

  9. 9

    ファーウェイ副会長が帰国、中国当局が拘束のカナダ人2人も帰国

    ロイター

    09月26日 16:29

  10. 10

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。