記事

イエレン議長が一番言いたかったこと

昨日、FOMCの声明文が発表され、そして、イエレン議長の記者会見も行われたところなのですが、どう思います?

  FOMCというのは、FRBの公開市場委員会のことで、金融政策の内容を決定する機関です。念のためですが…

 殆どの人の関心事は、いつゼロ金利が解除されるか、つまり、いつ利上げが行われるかということですよね。

 ラガルドIMF専務理事が、利上げは年を明けてから行うべきだと発言したことは記憶に新しいと思うのですが…その発言がFOMCの決定に何にか影響を及ぼしているのでしょうか?

 答えは、ノー。アブソルートリー、ノー。

 私からすれば、言っていることはこれまでと殆ど変らないのですが…ただ、NHKによれば、記者会見でイエレン議長は、(利上げの時期について)「会合参加者の大半がことし後半には条件が整うと期待している。年内の利上げは可能だ」と述べたとされています。つまり、年内の利上げに言及している、と。

 イエレン議長が、そこまではっきりと本当に言ったのでしょうか? 何か条件が付いているということはないのでしょうか?

 ここは、イエレン議長の言ったことをよく検証してみることが必要ですよね。

And clearly most participants are anticipating that a rate increase this year will be appropriate.

「殆どの参加者が年内の利上げが適当であろうと予想しているのは明らかである」

Now, that assumes, as you can see, that they are expecting a pick-up in growth in the second half of this year, and further improvement in labor market conditions.

「ご承知のとおり、これは、彼らが、今年の下半期に成長率が上向き、そして雇用市場がさらに改善すると予想していることが前提になっている」

And we will all be - we will be making decisions, however, that depend on the actual data that we see in the months ahead.

「そして、この先、我々は判断を下すことになるが、それは今後明らかになる実際のデータの内容次第である」

So certainly we could see data in the months ahead that will justify the expectations that you see in the so-called dot plot.

「従って、統計グラフの期待値を正当化するデータを入手できるであろう」

But again the important point is no decision has been made by the committee about what the right timing is of an increase.

「しかし、繰り返しになるが、重要なことは、利上げの時期に関して当委員会は何も決定していないということである」

It will depend on unfolding data in the months ahead.

「それがいつになるかは、今後明らかになるデータの内容次第である」

But certainly an increase this year is possible; we could certainly see data that would justify that

「しかし、確かに年内に利上げが行われる可能性はある。利上げを正当化するデータを入手することができるであろう」

 如何でしょうか?

 実際に言った内容を追っていくと、幾分ニュアンスが違うようにも思えます。

 確かに、自分たちは年内の利上げが適当であろうと、今考えている。しかし、何も決断はしていない。実際にどうなるかは、今後明らかになるデータの内容次第だ。ただ、これから先、景気や雇用環境はさらに改善するだろうから、そうなると年内利上げの可能性は十分ある。

 こんな感じでしょうか。

 でも、イエレン議長は、もう一つ大切なことを言っているのです。

 Too much emphasis is placed on the timing of the first increase. What matters is the entire path of rates.

 「利上げの時期ばかりが強調されている。しかし、問題は、その後の利上げのペースである」

 おっとっと、という感じです。

 自分自身が、そこまで利上げのタイミングについて言及しておきながら…そう来ましたか。

 でも、いいでしょう。恐らく外野がうるさすぎると言いたいのでしょう。IMFの専務理事までもが利上げは年明けにしろなんてしゃしゃり出るからです。

 ただ、まあ、こうして時期だけではなく、その後の利上げのペースが大切だなんて言うことは、もう年内の利上げは織り込み済みにしてくれということなのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「ジャネット・イエレン」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  3. 3

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  4. 4

    わかりやすさ求めるメディアの罪

    村上 隆則

  5. 5

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  6. 6

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  7. 7

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  8. 8

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    強TO!急ZO! 日経の韻が巧MYO!!

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。