記事
  • ヒロ

ギリシャは何処へ?

アレクシス チプラス首相はギリシャをいよいよ迷宮入りさせるのでしょうか?ご本人はギリシャの国民の声を反映しているとお考えのようですが、どう考えても間違った方向に突き進んでいるように思えます。今、ギリシャは99%の人が緊縮に反対しているとしても緊縮を続け、トロイカとの合意を形成すべきです。

チプラス首相は自国に有利な展開になるよう硬軟を使い分けて交渉を進めてきていると思っておりましたが、自己主張を曲げず、今となっては固執し、IMFがギリシャを困苦に貶めたと非難しています。まさに開き直りそのものです。

18日に欧州財務相会議があり、この会議で合意できなければ6月末で切れる支援策の延長はない、と言われていました。が、現在のトーンからはその会議で進ちょく合意できる見込みは薄いとされ、25,26日のEU首脳会議が最後のチャンスとなります。また、EUの緊急サミットを6月20-21日に開催する検討が行われているようです。これはとりもなおさず、18日には合意できず、25,26日では事務手続き上、非常に厳しいことを踏まえ、ラストチャンスをこの週末に設定するということでしょうか?

私は6月下旬に合意するとみていましたが、メディアのトーンを見る限り、厳しい状況が続きます。唯一、可能性があるとすれば20-21日ないし25,26日のEU首脳会議の時に電撃的合意形成がされ、チプラス首相がギリシャのヒーローとなることでしょうか?彼が演技をしているとすればその可能性も否定しません。

もう一つの可能性はその首脳会議でチプラス首相が席を蹴って出てくるというシーンです。その場合、ギリシャがどうなるのか、考えてみます。

まず、トロイカは「戦後対策」に入りますから債権の確保に動きます。法的手段もあり、ギリシャ国内のユーロの流通量が急減するでしょう。その為、ギリシャはドラクマを発行し自国通貨として併用することになりますが、紙幣の印刷はそう簡単ではありません。世界でも出来るところは限られ、時間も半年ぐらいはかかるものです。その間、政府は借入証書(IOU)で回すしかありません。その上で通貨の発行量を膨大なものにして、インフレを引き起こすこともあるでしょう。

先日、アフリカのジンバブエがインフレ率2億%となっていて3.5京ジンバブエドルを1米ドルで回収すると発表しましたが、いわゆる無限大のインフレが生じてしまう可能性はあります。

その時、ギリシャはどうなっているか、でありますが、二極化するとみています。まず、鉱工業製品の輸出はユーロ建て、観光客からもユーロ建てで代金を貰うでしょう。これは昔の東欧と同じです。そして国内ではドラクマが流通します。その際、通貨価値の暴落により年金改革に必死に抵抗しているチプラス首相は年金の受取がドラクマに変わった段階でドラクマのインフレに伴い実質年金収入が大幅に下がり、国内不安が起きかねないというのがシナリオです。全就業者の25%を占める公務員も同じでしょう。

一方、生き残るタイプはユーロ建て収入を確保できる業種とアングラ経済でしょう。南欧は特にアングラ比率が高いですからなんとなく国が生き続けるのです。但し、インフラ整備等、国家の基盤は総崩れが予想され、最終的に外貨獲得手段も減ってくるとみています。更に過激派グループの巣窟にもなりかねません。

あらゆる意味で今、チプラス首相が向かっている道は困苦以外の何物でもないのですが、どうも、彼を英雄扱いする国内の雰囲気があるのでしょう。まさに国連を脱退した時の松岡洋右が重ねって見えるのです。

彼の今後数日の決断が欧州の地図の行方さえ変えることになります。どのような判断をするにしてもアレクシス チプラスの名は歴史に残ることになりそうです。

今日はこのぐらいにしておきましょう。

あわせて読みたい

「ギリシャ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏 バイトテロは昔からある

    キャリコネニュース

  2. 2

    海老蔵が豊洲で都知事をバッサリ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    バカッター 実は低リスクで驚き

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  4. 4

    「貧乏人は犬飼うな」はその通り

    永江一石

  5. 5

    徴用工訴訟 逆提訴が日本のカギ

    AbemaTIMES

  6. 6

    いきなり! セブン出店戦略に学べ

    内藤忍

  7. 7

    西川先生の池江巡る発言は暴論?

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    日韓関係 耳傾け合う姿勢が希薄

    宮崎正

  9. 9

    慰安婦解決と天皇の謝罪は別問題

    非国民通信

  10. 10

    「悪夢の前政権」外交面では事実

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。