記事

ある左翼革命家の敗北と新たなるたびだち

先日、高校時代の友が出版した本の広告を朝日新聞の一面記事下で発見した。水谷保孝 岸宏一共著『革共同政治局の敗北』なるものだ。副題は、「あるいは中核派の崩壊」とある。革命的共産主義者同盟全国委員会、略して革共同と云われても私には良く分からない。中核派と云われて、ああ、あの過激な新左翼学生運動の集団か、というぐらいしか知識がない。水谷保孝(敬称は略す)は兵庫県立長田高校で同期だった。卒業後、彼は早稲田大学へ。同大学時代に、学費・学館ストライキで無期停学処分になったまま中退し、のちに佐世保エンタプライズ闘争で米軍基地に突入して逮捕されるなど、学生運動でならした男だ。こう書くと読まれる方は、彼がかなりの闘争的猛者だと思われるに違いない。二十歳のころから今に至るまで一貫してこうした運動に関わってきているのだから、それは当然だろう。しかし、その印象たるや、ひげを蓄えているところを除けば、高校時代と変わらぬ優しそうな雰囲気であった

▼60歳になっていわゆるプロの革命家の道から足を洗い、普通の人間社会に立ち戻ったという噂を数年前に聞いた。驚きと好奇心で直ぐに連絡先を探し、少し経って出会ったものである。非合法的な活動をした結果、逮捕・起訴され下獄の憂き目に合うなど、警察から追われ続け、いわゆる地下に潜った生活を約40年もしていた。そういう彼とは真逆に、私は革命すべき対象を、第一義的には社会におかず、人間そのものにおいた。同じ歳月を必死に生きてきた私には、彼の40年は想像を絶するだけに大いに興味深かった。だが、その身にまとってるはずの闘争歴はリアルさを欠いていた。以後、同窓会のたぐいで会っても、ひたすら淡々としていた。やがてすべては遠い過去のこととなり、本人も周りの同期生たちもまとめて忘却の彼方に流れ去るものと思わざるを得なかった。そこへこの本の登場である。少なからず衝撃を受けた。直ちに彼に電話をして「読むよ」って言ったら、「そうか」と喜びの響きを滲ませながらも「ドキュメントだから」と言葉少なかった

▼正直言って読むに堪えない本である。全部で446頁なのだが、そのうち緒言と序章、最後の第11章「”革共同の敗北”から新しい道へ」の70頁ほどしかきちっとは読んでいない。あとは飛ばし読みだ。リンチ、粛清の顛末ばかりに付き合う暇は持ち合わせていない。組織内抗争のいいわけやら攻撃に終始している。要するに普通の読者を想定していないのである。冒頭に本書執筆の動機と目的についてこうある。「(革共同いわゆる中核派)の分裂と転落の歴史および実相の切開であ」り、これは「筆者らにとって肺腑をえぐられるほどつらい」し、左翼運動に関心を持つ多くの読者にとっても「暗く、重く、失望の念を禁じ得ない」幾多の出来事を書くことになる、と

▼1945年に生まれ、1968年という世界学生運動の文字通りピークの年に、青春のただなかにいたものとして、関心はないわけではなかった。しかし、もうとっくの昔に左翼運動には失望し、呆れ果てたというのが本当のところだ。であるがゆえに、水谷が沈黙を破って普通の人間としての生の声をこの本に書いているものと期待した。つまり、なぜ自分たちが左翼革命運動に挺身し、夢破れたかを赤裸々に明らかにすることを。だが、ここには彼らの主たる敵である革マル(一般にはこう略称するはずだと思うが、本書にはカクマルとあり、その正式名称も触れられていない)への徹底した糾弾の声のみが際立つ。カクマルは「世界史的にも類例のない『現代のナチス』と呼ぶべき存在」だ、と口を極めて罵ることの連続なのだ。鎮魂の書ではなく、新たな告発の書なのである

▼そんな中に、かろうじてまともに読めるくだりがあった。「今日の21世紀時代にあって延命に延命を重ねてきた現代資本主義が世界史的には何度目かの危機に陥り、またしても歴史的終焉の限界状況をあらわにして」おり、「世界各地で『反テロ』『自衛権行使』の名による侵略戦争、民族排外主義、領土拡張主義が火を噴き、無差別虐殺がたえない恐るべき世界戦争の世紀となっている」という基本的な世界認識を述べているところだ。確かにそういう見方もできよう。だからこそ、若き日に”打倒資本主義”の道に入り、50年を経て今に至るまでの壮大な闘いの跡を知りたい。だが、そのまなざしは違うところに向いているとしか思えない。組織内部における憎しみの連鎖的対応といったことしか迫ってこないのだ。尤も、最後のあとがきで水谷なりの意匠を凝らした感情の発露をくみ取れた。「革共同は筆者らの愚かな破産と敗北を含めて、もう死んだのだ。弔旗もいらない。葬送の歌もいらない。ただ、インターナショナルな共産主義的解放を求める一人ひとりの人間がいればいい」と。自らの死に至る病のありようをさらけだした今、水谷は原点に回帰したということなのだろう。「本書では詳述しないが」とか「詳しくは別のかたちで考察したいが」といった記述が気になる。要するにこの本で過去を彼なりに総括し、革共同からの離党のいきさつを述べた後、これからひとりの共産主義者として文筆活動を含め、新たな闘いに入るということに違いない。つまりはプロの組織的革命家からは手を抜いたが、一人の革命家としてこれからは生きるとの宣言だ。革命家の道からすっかり足を洗ったという風に思い込んでしまったわが身の勝手さと浅薄さに恥じ入る。水谷の穏やかなたたずまいとこの本の奇妙な激しさとの落差を思うにつけ、人間というものは見た眼だけで判断すると見誤るという平凡な結論を得るに至った。次なる作品にこそ人間・水谷の生の声を期待したい。(2015・6・17)

あわせて読みたい

「左翼」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏 バイトテロは昔からある

    キャリコネニュース

  2. 2

    海老蔵が豊洲で都知事をバッサリ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    バカッター 実は低リスクで驚き

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  4. 4

    「貧乏人は犬飼うな」はその通り

    永江一石

  5. 5

    徴用工訴訟 逆提訴が日本のカギ

    AbemaTIMES

  6. 6

    いきなり! セブン出店戦略に学べ

    内藤忍

  7. 7

    西川先生の池江巡る発言は暴論?

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    日韓関係 耳傾け合う姿勢が希薄

    宮崎正

  9. 9

    慰安婦解決と天皇の謝罪は別問題

    非国民通信

  10. 10

    「悪夢の前政権」外交面では事実

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。